ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 介護保険・サービス > 介護支援専門員証(介護支援専門員登録証明書)の有効期間の更新についてのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2017年5月22日

介護支援専門員証(介護支援専門員登録証明書)の有効期間の更新についてのお知らせ

平成18年4月の介護保険法改正により、介護支援専門員証に5年ごとの有効期間が設けられ、その更新を受けるためには、介護支援専門員更新研修等を受講・修了したうえで、有効期間の更新申請をしていただく必要があります。

更新に必要な研修を全て受講、修了しなければ、有効期間の更新申請を行うことができませんので、有効期間の満了日までに必ず研修を修了し更新の手続をしてください。

※介護支援専門員登録証明書及び携帯用登録証明書について
平成18年以降に介護支援専門員の登録をされた方については、カードタイプの「介護支援専門員証」を発行しております。平成17年度以前に介護支援専門員の資格を取られた方に発行しておりました「介護支援専門員登録証明書」及び「携帯用登録証明書」については、1回目の有効期間更新時に現行のカードタイプの介護支援専門員証に切り替えています。もし、まだこれらを所持されている方がおられましたら、様式第8号にて県に返納いただきますよう、よろしくお願いします。

介護支援専門員証の有効期間の更新

1.介護支援専門員証の有効期間の更新
平成18年4月の介護保険法改正により、介護支援専門員証に5年ごとの有効期間が設けられました。有効期間満了日以降も介護支援専門員の業務に就くためには、証の有効満了日までに「更新研修」(または専門研修課程Ⅰ・Ⅱ)、主任介護支援専門員更新研修(H28年度より)を修了したうえで、介護支援専門員証の有効期間の更新を行う必要があります。


2.有効期間の満了日
有効期間の満了日は、介護支援専門員の方々それぞれで異なっています。
平成18年度以降に介護支援専門員の資格を取られた方については、介護支援専門員証の交付年月日から5年となっています。
※平成17年度以前に介護支援専門員の資格を取られた方の1回目の有効期間満了日は下記のとおりです。(この頁の最後を参照ください。)
2回目以降は、平成18年度以降に資格を取られた方と同様に、有効期間更新時に発行した介護支援専門員証の交付年月日から5年となっています。

3.更新申請の対象者
(1)初回更新の場合(※前回、再研修を受講した方も含む。)
次に掲げる要件の内いずれかを満たす方。
介護支援専門員更新研修A(前期・後期)あるいは、更新研修Bを修了した方(介護支援専門員専門研修課程ⅠまたはⅡの受講により更新研修Aの科目を一部免除された場合を含む。)
介護支援専門員専門研修課程(Ⅰ・Ⅱ)を修了した方。

(2)2回目以降の更新の場合
上記①(更新研修Bを除く)あるいは②により初回更新をされた実務従事者・実務経験者については、専門研修課程Ⅱ(または更新研修A(後期))を受講・修了すれば更新手続きが可能となります。また、主任介護支援専門員更新研修の修了者は、更新研修を受けたものとみなされるため、専門員証更新のための研修受講は免除されます。



4.更新申請の提出書類
(1)介護支援専門員証有効期間更新交付申請書(様式第7号)
Word形式(ワード:125KB)PDF形式(PDF:193KB)
(2)1,800円分の兵庫県収入証紙
(3)写真2枚(縦3.0cm×横2.4cm、白黒・カラーどちらでも可。)
(4)介護支援専門員証の原本
(5)更新申請に必要な研修の修了証明書(写し)
※本人確認ができる書類(運転免許証や健康保険証等の写し、住民票等)については、平成27年度から不要となりました。


5.書類の提出時期
介護支援専門員証に記載されている「有効期間満了日」の概ね1~2か月前までの間に申請書類を提出してください。(有効期間満了日当日まで更新手続はできますが、新しい専門員証が届くのは有効期間満了後になる場合があります。)
詳細につきましては、県からお送りしている「介護支援専門員証の更新手続きについて」に記載しておりますのでご確認ください。なお、年度初め(特に4月~6月)は更新者が集中しますので、例外的に下記のとおりの取扱いとしています。

有効期間満了日の属する月 提出時期
2月、3月 12月~1月末
4月、5月 1月~2月末
6月 3月~4月末

※住所変更の際、変更の届出がされていないために、お知らせが「あて先不明」で当課へ戻ってくるケースが毎年多数発生しています。住所を変更された場合は、「様式第3号」にて速やかに登録事項変更の手続きをお願いします。

■「介護支援専門員証の更新手続きについて」通知(平成29年1月)

※平成30年度中に有効期間が満了される方への通知(PDF:903KB)

【提出先】
兵庫県健康福祉部少子高齢局介護保険課 計画調整班
〒650-8567(この番号を使用すると住所の記載は不要です。)
神戸市中央区下山手通5-10-1 TEL:078-341-7711(内線3109)

有効期間の更新前に修了しておく必要のある研修

更新に必要な研修の概要については、介護支援専門員について「有効期間の更新前に修了しておく必要のある研修」を参照ください。
詳細(対象者・時期・日程・受講料等)は、研修を実施する兵庫県社会福祉協議会 社会福祉研修所のホームページ(外部サイトへリンク)兵庫県介護支援専門員協会のホームページ(外部サイトへリンク)でご確認ください。なお、平成28年度より、研修カリキュラムの見直しに伴い、研修日数が変更となっています。
1.有効期間が切れた場合
有効期間が切れた場合、介護支援専門員としての業務に就くことができません。(ケアプランの作成に加えて、介護支援専門員が行うこととなっている認定調査員の業務にも従事できません。

ただし、試験に合格し、実務研修を修了したという登録は残りますので、再研修」を受講した後に介護支援専門員証の交付を受ければ、再び介護支援専門員としての業務に就くことができるようになります。(実務研修受講試験を再度受けなおす必要はありません。)

有効期間が切れてしまった後に、新たな介護支援専門員証の交付を受けず、介護支援専門員としての業務に従事した場合は、介護支援専門員の登録が消除されますのでご注意ください。

2.介護支援専門員証の返納
更新手続きを行わず有効期間が満了した場合、有効期間の満了した介護支援専門員証は速やかに返納しなければならないことが法律上定められています。(介護保険法第69条の7第6項)

3.届出に必要な書類
(1)介護支援専門員証の有効期間満了に伴う返納届出書(未更新者用)(様式第8号)
Word形式(ワード:56KB)PDF形式(PDF:22KB)
(2)介護支援専門員証(従前の「介護支援専門員登録証明書(A4サイズ横)」及び「携帯用の介護支援専門員登録証明書(ラミネート仕様)」をお返しいただいていない場合は、これらも含みます。)

4.返納する時期
介護支援専門員証に記載されている「有効期間満了日」以降、速やかに返納してください。
(例)有効期間満了日が平成28年5月31日である場合
書類提出時期:平成28年6月1日以降

【返納先】
兵庫県健康福祉部少子高齢局介護保険課 計画調整班
〒650-8567(この番号を使用すると住所の記載は不要です。)
神戸市中央区下山手通5-10-1 TEL:078-341-7711(内線3109)

有効期間が切れた後に介護支援専門員として従事する場合は、「再研修」(年1回程度開催)を修了した上で、介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。
詳細(対象者・時期・日程・受講料等)については、研修を実施する兵庫県社会福祉協議会 社会福祉研修所のホームページ(外部サイトへリンク)に「再研修」の募集要項が掲載されますので、ご確認ください。

1.再研修について
※平成29年度からは新研修カリキュラム(10日間(54時間))で実施します。
対象者:介護支援専門員証の有効期間が満了した後に、介護支援専門員として再び実務に従事することを希望する方
実施時期:4月中旬~9月上旬

募集時期:平成29年2月1日(水曜日)~2月20日(月曜日) ※平成29年度の募集は終了しました。

再研修を修了すれば、新しい介護支援専門員証の交付を受けることができます。(再研修の内容は、実務研修と同じ基礎的なものです。)
この研修を修了したうえで、介護支援専門員証の交付を受ければ、再び介護支援専門員として従事することができます。
ただし、更新回数はリセットされますので、次回更新時に必要な研修については、注意が必要です。

2.再研修を修了された方が、介護支援専門員証の交付を受けようとするとき
介護支援専門員証の有効期間が満了した後に、新たに介護支援専門員証の交付を受ける場合は、再研修を修了後、以下の申請を行ってください。
様式第1号の2「研修の修了年月日」については、再研修の修了年月日を記入してください。

3.申請に必要な書類
(1)介護支援専門員証交付申請書(様式第1号の2)
Word形式(ワード:130KB)PDF形式(PDF:189KB)
(2)1,800円分の兵庫県収入証紙
(3)写真2枚(縦3.0cm×横2.4cm、白黒・カラーどちらでも可。)
(4)再研修の修了証明書(写し)
※平成27年4月1日より、本人確認をできる物のコピー(運転免許証や健康保険証等の写し、住民票等)の提出は、不要となりました。

参考:平成17年度以前に介護支援専門員の資格を取られた方の1回目の有効期間満了日

登録証明書及び携帯用

登録証明書の日付

有効期間満了日
平成12年4月1日~平成14年3月31日の間
平成20年4月1日~平成21年3月31日の登録証明書及び携帯用登録証明書の日付に対応する日
例1:交付日平成13年3月23日の場合 満了日平成21年3月23日
例2:交付日平成13年6月13日の場合 満了日平成20年6月13日
平成14年4月1日~平成16年3月31日の間
平成21年4月1日~平成22年3月31日の登録証明書及び携帯用登録証明書の日付に対応する日
例3:交付日平成15年3月25日の場合 満了日平成22年3月25日
例4:交付日平成15年5月8日の場合 満了日平成21年5月8日
平成16年4月1日~平成18年3月31日の間
平成22年4月1日~平成23年3月31日の登録証明書及び携帯用登録証明書の日付に対応する日
※平成17年度以前の資格取得者について
兵庫県では、平成17年度以前に介護支援専門員の資格を取られた方々全員に、それぞれの有効期間と新登録番号(平成18年度から新たな介護支援専門員登録番号が付されています。)を記載した「介護支援専門員登録番号及び介護支援専門員証とみなされる介護支援専門員登録証明書の有効期間について(平成18年3月30日付介第1414号兵庫県知事通知)」を郵送いたしました。

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局介護保険課

電話:078-341-7711

内線:3109

FAX:078-362-9470

Eメール:kaigohoken@pref.hyogo.lg.jp