ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 地域密着型サービス評価について

ここから本文です。

更新日:2018年5月2日

地域密着型サービス評価について

地域密着型サービス事業所(認知症対応型共同生活介護)については、サービスの質の確保の観点から、少なくとも年に1回は都道府県が認証した評価機関の実施する第三者評価を受け、その結果を公開することが義務づけられています。

小規模多機能型居宅介護事業所については、平成27年度より、従来の外部評価機関による評価から、事業所が自らその提供するサービスの質を評価し、これを運営推進会議等に報告した上で公表する仕組みになりました。

評価結果

評価機関

評価基準及び評価関係帳票

指針及びガイドライン

評価関係帳票


参考 厚生労働省通知

受審頻度緩和申請について

地域主権改革の一環として、平成24年度より、第三者評価の頻度に関しては「事業所は、その事業所ごとに、市長が条例に定めるところにより第三者評価を受けるものとする。」(平成24年度改正 地域密着型サービス第三者評価の実施について(指針))と改正されましたので、受審頻度緩和申請については、各市町の地域密着型サービス担当へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部社会福祉局社会福祉課 法人指導室

電話:078-362-3185

FAX:078-362-4264

Eメール:hojinshido@pref.hyogo.lg.jp