ホーム > イベントカレンダー > ふるさと発掘展「ASAGOの「カントリーロード」~ひとの道・モノの道~」(朝来市)

ここから本文です。

更新日:2017年7月7日

ふるさと発掘展「ASAGOの「カントリーロード」~ひとの道・モノの道~」(朝来市)

チラシ

概要

兵庫県立考古博物館は、県内の博物館や資料館と連携して、総合的な埋蔵文化財事業として「ふるさと発掘展」を開催しています。

今年度、「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」が日本遺産に認定されたことを記念して、朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」と共催で展覧会を開催します。

「道」は朝来市の歴史を紐解くキーワード。古代には【都と地方を結ぶ国道と支線】、中世には【生野銀山と天下掌握への道】、近代には【官営鉱山・生野を起点とする日本初の高規格産業用道路】を人とモノが駆け、国の発展に影響を与えました。また、近世には流人とその家族が選んだ道が時を超え、遠距離地域間の交流を生み出しました。本展では、朝来の人が時代とともに選び・守り伝えてきた「道」を紹介します。

【会場】

朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」(朝来市山東町大月91-2)

【休館日】

月曜日(祝休日の場合は、翌平日)

【観覧料】

100円(中学生以下・65歳以上・障がい者手帳をお持ちの方は無料)

開催期間

  • 2017年7月8日(土曜日)9時00分~2017年10月9日(月曜日)17時00分

開催場所

会場名 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」
会場住所

兵庫県朝来市山東町大月91-2

会場へのアクセス

北近畿豊岡自動車道山東PA(但馬まほろば)隣

(一般道路からも入ることができます)

交通手段

北近畿豊岡自動車道三等PA(但馬まほろば)隣

(一般道路からも入ることができます)

主催

兵庫県立考古博物館 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県立考古博物館
住所 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
電話 079-437-5589
FAX 079-437-5599

関連メニュー

シリーズ講座

 いずれの講座も、定員先着50名、参加無料、事前予約不要

【場所】朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」体験学習室

1.7月23日(日曜日)13時30分~15時

「日本古代の都鄙間交通と但馬国」【講師】市 大樹氏(大阪大学文学部 准教授)

2.7月30日(日曜日)13時30分~15時

「地方文化拠点としての古代駅家」【講師】竹内 亮氏(花園大学文学部 専任講師)

3.8月20日(日曜日)13時30分~15時

「朝来から壱岐へ~流人・小山弥兵衛が生きたふたつの古郷~」【講師】松見 裕二氏(壱岐市立一支国博物館 学芸員)

4.8月27日(日曜日)13時30分~15時

「馬車の道・鉄の道~2つの道が運んだもの~」【講師】柏原 正民氏(兵庫県教育委員会事務局文化財課 主幹)

体験学習「弥兵衛も眺めた!?壱岐の鬼凧に色を塗ろう!」

【日時】8月19日(土曜日)1.午前9時~11時 2.午後1時~3時

【場所】朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」体験学習室

【参加費】500円

【定員】各回先着10名 事前予約不要

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:兵庫県立考古博物館  

電話:079-437-5589

FAX:079-437-5599