ホーム > イベントカレンダー > 特別展「兵庫の古鏡」

ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

特別展「兵庫の古鏡」

チラシ

概要

兵庫県立考古博物館は今年度開館10周年を迎え、新たに古代中国の鏡を展示する加西分館「古代鏡展示館」も4月14日にオープンしました。
これに関連して特別展を開催します。当館が所蔵する弥生時代~江戸時代の古鏡と、兵庫県内で出土した各時代の代表的な鏡を展示し、大陸から伝来した鏡という文物が、どのように受入れられ日本文化の中に溶け込んでいったかをたどります。


料金:大人500円(400円)、大学生400円(300円)、高校生以下は無料
特別展開催期間につき特別料金となります。

()は20名以上の団体料金。
※障害者手帳提示で本人は半額、介護者1名は無料
※70歳以上の方は大人料金の半額

展示品の画像1

神戸市灘区西求女塚古墳出土三角縁神獣鏡(神戸市教育委員会蔵・写真提供重要文化財)

七鈴五獣鏡の画像

篠山市宝地山2号墳出土七鈴鏡(篠山市教育委員会蔵・写真提供県指定文化財)

共伴遺物の画像

丹波市多利前田遺跡出土瑞花鴛鴦鏡および共伴遺物(館蔵県指定文化財)

開催期間

  • 2017年4月8日(土曜日)9時00分~2017年6月18日(日曜日)18時00分

開催場所

会場名 県立考古博物館
会場住所 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
会場へのアクセス

(交通機関)

【電車】

JR山陽本線土山駅南出口から「であいのみち」を徒歩約15分

山陽電車播磨町駅から喜瀬川に沿って徒歩約25分

【車】

第二神明・加古川バイパス明石西ICkら約3km

(駐車場)

近隣の播磨町大中遺跡公園駐車場か播磨町野添であい公園駐車場をご利用ください。

交通手段

JR土山駅から「であいのみち」徒歩15分

山陽電車播磨町駅から喜瀬川沿いに徒歩25分

自動車をご利用の場合第二神明・加古川バイパス、明石西ICから約3km

町内巡回バスもご利用下さい

主催

兵庫県立考古博物館

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県立考古博物館
住所 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
電話 079-437-5589
FAX 079-437-5599

関連メニュー

講演会
[時間]13時30分~15時00分※12時50分開場混雑時は開場時間を早める場合があります
[場所]当館講堂[定員]先着120名[料金]無料
4月8日(土曜日)
「鏡にこめられた想い~古代・中世の銅鏡~」
久保智康(叡山学院教授)
5月13日(土曜日)
「古墳時代の鏡と兵庫県出土鏡」
森下章司(大手前大学総合文化学部教授)
5月20日(土曜日)
「弥生時代における銅鏡の伝来と東方への広がり」
森岡秀人(奈良県立橿原考古学研究所共同研究員)
5月27日(土曜日)
「三次元計測技術を用いた文化財記録と応用」
岡本篤志(大手前大学史学研究所研究員)

展示解説
会期中の日曜日13時30分~14時00分※要観覧券

イベント
チャレンジ!銅鏡づくり
[日時]6月3日(土曜日)10時00分~15時30分[定員]16名
[料金]800円
[対象]小学4年生以上
※要事前申込4月4日(火曜日)~079-437-5564学習支援課まで

スタンプ・ポン!紙で古代鏡づくり
[日時]6月10日(土曜日)13時30分~15時00分
[定員]30名(随時受付)
[料金]無料(要観覧券)

紙芝居「鏡の国」ほか
会期中の土・日曜日13時00分~13時20分

お問い合わせ

部署名:兵庫県立考古博物館  

電話:079-437-5589

FAX:079-437-5599