ホーム > イベントカレンダー > 特別展「縄文土器とその世界ー兵庫の1万年ー」(兵庫県立考古博物館)

ここから本文です。

更新日:2019年3月12日

特別展「縄文土器とその世界ー兵庫の1万年ー」(兵庫県立考古博物館)

縄文土器とその世界

概要

初めて土器が作られてから縄文人は1万年以上にわたり縄文土器を作り続けてきました。その造形は地域や時期によって大きく異なることから、年代の決め手になるとともに縄文人の精神世界を反映するものです。

本展では、縄文文化を代表する火焔型土器や重要文化財の注口土器、特殊な眼鏡を掛けたような遮光器土偶とともに、県内の縄文遺跡から厳選された約250点の土器や土偶などから、縄文世界を感じていただきます。

【観覧時間】

午前9時30分~午後6時(有料ゾーンへの入場は午後5時30分まで)

【休館日】

月曜日(祝休日の場合は翌平日)

【観覧料】

大人500円(400円)、大学生400円(300円)、高校生以下は無料

( )書きは20人以上の団体料金

障害者手帳提示で本人は75%減免、介助者1名は無料

70歳以上の方は大人料金の半額

【展示構成】

1.プロローグ縄文その造形、2.土器が語る時代の変化、3.祈りの道具と装身具、4.交流の証、5.エピローグ縄文の食糧と米づくり・そして弥生へ 

【主な展示資料】

火焔型土器、注口土器、深鉢型土器、木葉形尖頭器、有茎尖頭器、押型文土器、中津式深鉢形土器、浅鉢型土器、マツリの道具(遮光器土偶、土面、石棒)、

装身具(垂飾、玦状耳飾、耳栓、勾玉)、列島各地の影響を受けた土器、列島各地から持ち込まれた石器の材料(黒曜石、サヌカイト、結晶片岩)

縄文の食糧と米作り(ドングリ貯蔵穴立体剥取、籾痕土器)、弥生の水田稲作(弥生時代の炭化米、壺、甕、鉢、彩文土器、彩文木製鉢)他

 

丁・柳ヶ瀬遺跡

縄文時代中期の土器(丁・柳ヶ瀬遺跡)

佃遺跡2

縄文時代後期の土器(佃遺跡)

2火焔型土器

火焔型土器(諏訪前遺跡)

開催期間

  • 2019年4月20日(土曜日)~2019年6月23日(日曜日)

開催場所

会場名 県立考古博物館
会場住所 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
会場へのアクセス

(交通機関)

【電車】

JR土山駅南出口から「であいのみち」を徒歩約15分

山陽電車播磨町駅から喜瀬川に沿って徒歩約25分

【車】

第二神明・加古川バイパス明石西ICから約3km

(駐車場)

近隣の播磨町大中遺跡公園駐車場(64台)か播磨町野添であい公園駐車場(50台)をご利用ください。

交通手段

 

主催

兵庫県立考古博物館

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県立考古博物館
住所 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
電話 079-437-5589
FAX 079-437-5599

関連メニュー

講演会(参加費無料)

[時間]13時30分~15時00分※12時50分開場[場所]当館講堂[定員]120人

4月20日(土曜日)「縄文文化の世界同時代史」

泉拓良(京都大学・奈良大学名誉教授)

5月11日(土曜日)「雪国の火焔土器文化」

佐藤雅一(新潟県津南町教育委員会学芸員)

5月18日(土曜日)「いま明らかになる兵庫の縄文」

深井明比古(当館社会教育推進専門員)

5月25日(土曜日)「土器棺墓-生と死を媒介する縄文土器-」

岡田憲一(奈良県立橿原考古学研究所指導研究員)

6月8日(土曜日)「ひょうご5カ国の縄文を歩いたころ」

石野博信(当館名誉館長)

展示解説

会期中の毎日曜日、13時30分~14時00分、要観覧券

イベント

○ゴールデンウィークイベント「体感!縄文時代」

縄文土器パズルや本物の「火焔型土器」にさわって縄文時代を体感しよう。

日時:5月3日(祝日)13時~15時

○遺跡ウォーク「縄文遺跡と日本遺跡を巡る-福本遺跡から銀の馬車道まで-」

神河町の史跡や遺跡を巡ります。

日時:6月1日(土曜日)10時~15時30分、定員:20人、参加費:200円、対象:どなたでも

申込み:4月2日から電話受付(担当:学芸課、079-437-5562)

○「ハンペルマン」引っ張ると踊る土偶をつくろう!

紙を切り抜き、引っ張ると手足をバタバタさせる土偶を作ります。

日時:6月15日(土曜日)13時30分~15時、定員:20人、参加費:100円、対象:小学4年生以上

申込み:往復はがきによる

○縄文土器文様のペン立てを作ろう!

火焔型土器の特徴的な文様のペン立てを粘土でつくります。

日時:6月16日(日曜日)10時~15時、定員:15人、参加費:400円、対象:小学4年生以上

申込み:往復はがきによる

○「縄文の仮面」土面をつくろう!

縄文人になりきって、マツリに使う仮面を粘土で作ります。

日時:6月22日(土曜日)13時30分~15時30分、定員:15人、参加費:200円、対象:小学生以上

申込み:往復はがきによる

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:兵庫県立考古博物館  

電話:079-437-5589

FAX:079-437-5599

Eメール:Kokohakubutsukan@pref.hyogo.lg.jp