ホーム > 地域・交流・観光 > 地域創生 > 地域創生の推進 > ふるさとひょうごワーキングホリデー

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

ふるさとひょうごワーキングホリデー

「ふるさとワーキングホリデー」とは、都市に暮らす若い人たちが、一定の期間、地域に滞在し、働いて収入を得ながら地域の人たちとの交流や学びの場などを通して、通常の旅行では味わえない、地方をまるごと体感してもらい、地域とのかかわりを深めてもらおうというものです。

兵庫県では、老舗旅館やリゾートホテル、スキー場、酒造会社、ゴルフクラブ製造会社、農業事業所、水産加工会社、養鶏場などの仕事に従事できます。また、地域の方や地元地域おこし協力隊との交流イベントなども用意しています。

  1. 受入期間
    平成29年1月末~3月末頃まで(滞在期間は2週間~1ヶ月)
  2. 募集人数
    200名程度

詳細やエントリーは下記の特設サイトから!

  ふるさとひょうごワーキングホリデー(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:企画県民部 地域振興課

電話:078-362-4314

内線:3055

FAX:078-362-3950 

Eメール:seisaku_chiiki@pref.hyogo.lg.jp