ホーム > 地域・交流・観光 > 県民交流 > ふれあいの祭典 > ふれあいの祭典 丹波ふれあいフェスティバルについて

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

ふれあいの祭典 丹波ふれあいフェスティバルについて

毎年1回、兵庫県内の各地域持ち回りで開催している「ふれあいフェスティバル」。

平成28年度は、丹波地域を会場に、県民、各種団体、NPO、行政などが集う「丹波の森フェスティバル」、丹波の食を集めた「丹波地域の食のイベント」と一体的に開催することにより、丹波をはじめとする"ひょうご"の魅力を発信し、2日間合わせて4万1千人の来場者で賑わいました。

ご来場、ご協力いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

【開催報告】

当日の開催結果についてご紹介します。

表紙・開催結果概要(PDF:3,028KB)

主な開催内容(ステージ)(PDF:6,689KB)

主な開催内容(出展(店))(PDF:2,591KB)

主な開催内容(県民参画)(PDF:6,907KB)

アンケート結果・ご協力いただいた皆さま・委員名簿(PDF:1,088KB)

【関連資料】

★PRチラシ(PDF:3,579KB)★ポスター(ZIP:5,328KB)

★表紙・裏表紙(PDF:1,081KB) ★会場全体図P2~P3(PDF:2,337KB) 

★ステージプログラムP4~P5(PDF:2,060KB) ★各会場マップP6~P9(PDF:4,705KB)

★各会場マップP10~P13(PDF:3,670KB) ★ご協力いただいた皆さまP14~19(PDF:5,607KB)

最新情報は、facebook(外部サイトへリンク)でご紹介しています。※アカウント運用ポリシー(PDF:51KB)

開催概要

ふれあいの祭典会場の様子名称:ふれあいの祭典 丹波ふれあいフェスティバル

~実り豊かな“丹波の森”から弾ける笑顔~

日時:平成28年10月29日(土曜日)、30日(日曜日)10時~16時

会場:県立丹波の森公苑(丹波市柏原町柏原)

丹波ふれあいフェスティバルPR用ロゴ

丹波ふれあいフェスティバルのPR用ロゴを作成しました。ロゴデータはこちらからダウンロードしてください。

ステージイベント

丹波地域や県内各地から集まった出演者が、伝統芸能、ダンス、楽器演奏、歌など様々なパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げました。

 デカンショ節 ちめいど 酒造り唄 合同合唱

29日(土曜日)メインステージ

MC:県立柏原高等学校放送部

開会セレモニー バレエ、ダンスによるオープニング、よさこい演舞、開会宣言、デカンショ節総踊り、もちまき
県民ふれあいステージ 南京たますだれ、クラシックバレエ、ダンスパフォーマンス、ファンクポップダンス、サンバ、スイーツコンテスト、海上傘踊り、篠山鳳鳴デカンショバンド
トワイライトステージ ちめいどLIVEステージ、地元小学生との大合唱

 

30日(日曜日)メインステージ

MC:たんばコミュニティFM

丹波ふれあいステージ

「ふるさと・丹波の森」

よさこい、丹波の森子どもミュージカル、シューベルティアーデたんばミニコンサート、甲賀流氷ノ川太鼓、リサイクル楽器リサイタル、地元高校生によるギター及び和太鼓演奏、棚原相撲甚句、淡路の小学生による和太鼓演奏、丹波流酒造り唄、もちまき、兵庫稲美少年少女合唱団・丹波市少年少女合唱団・篠山少年少女合唱団の合同合唱

 

ミニステージ

29日

丹波の森フェスティバル

柏原小唄、丹波のむかしばなし、オカリナ演奏、今田小唄、のこぎり体験、山南小唄、春日戦国太鼓、寄せ植え講座、沼貫どんたく、アコースティックLIVE、鼓笛隊演奏、書道パフォーマンス

30日

とっておきのコンサート(心のバリアフリー)

~障害のある人もない人も一緒に笑顔に~をテーマに、太鼓演奏やギター演奏、ダンス、歌、バンド演奏などのパフォーマンスを披露

           ミニステージ             

会場出展(店)イベント

丹波地域のグルメや特産物の販売、観光PRや移住相談窓口、地域団体の活動紹介展示、県内のご当地グルメの紹介、県民の方々の参画による体験教室や展示、環境や健康福祉について学べるコーナーなど、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる多彩なブースが立ち並び、たくさんの人で会場が賑わいました。丹波の森フェスティバル

丹波の森フェスティバル

農業体験交流の成果物販売や木工クラフト教室、施設内の自然を活用したツリーイング体験などを実施し、住民主役の活動の成果発表と交流の場を展開

丹波地域の食のイベント(丹の里・丹波市「秋の味覚フェア」、「丹波篠山特産市」)丹波地域の食のイベント

篠山市、丹波市及び地元JAなどが連携し、丹波栗、丹波大納言小豆、地元産野菜など丹波地域の食材を使った加工品や特産品を販売

丹波スイーツコーナー

丹波栗スイーツコンテスト歴代受賞者による自慢のスイーツが勢ぞろい丹波スイーツコーナー

物産・協賛コーナー

県内各地の地場産品・特産物などの紹介及び販売

ご当地グルメサミット

食を通じたまちおこし活動の一環として、県内各地域の「ご当地グルメ」を販売し、地域の情報や魅力を広く発信ご当地グルメサミット

ふれあい大茶会(協力:丹波市茶華道連盟)

お茶会を開催し、日本の伝統芸能に触れる機会を提供。地元高校茶道部の皆さんも運営をお手伝い

県民手づくりコーナー

県民自らが自主的に企画・運営するユニークな催しふれあい大茶会

防災体験コーナー

起震車による地震体験や水消火器を使った消火体験。平成26年8月豪雨災害からの復興状況パネル展示や模型による土砂災害の仕組み説明

丹波地域PRコーナー防災体験コーナー

丹波地域の観光PRや移住相談窓口の設置及びセミナーの開催。地域の県立高校による活動発表や成果物の販売

ひょうごPRコーナー

暮らしに役立つ県政情報を体験を交えて広く発信

県民交流広場健康福祉まつり

身近な地域を舞台に様々な分野で実践活動をし、情報収集・発信などに取り組む「県民交流広場」の活動紹介

健康福祉まつり

健康相談・指導コーナーや関係団体の自主製品販売などを通じ、県民一人ひとりが健康や福祉について広く理解し、共に考え、多くの方に体験してもらえる場を提供ひょうごエコフェスティバル

ひょうごエコフェスティバル

エコ活動や省エネに関する展示及び紹介や実験・体験コーナー等を通じて、環境保全団体や地域環境づくりについて楽しく学べるイベントを展開

兵庫県高等学校工業教育フェア兵庫県高等学校工業教育フェア

作品展示や工作教室、ラジコンカー操縦体験、ロボット競技大会など、県内の工業高校の生徒が地域の方と交流しながら日頃の学習成果を発表

県民主体のイベント

県民手づくり事業地域の方々が主体となったフェスティバルとするため、県民の参画による事業を実施してイベント運営を行いました。

県民手づくり事業

「丹波地域の魅力発信」「世代間・地域間の交流」などをテーマに、当日のステージパフォーマンスや出展等でフェスティバルを盛り上げる催しを企画・運営する団体を公募し、経費の一部を助成森のレストラン

※丹波地域の食材をつかったランチの提供、丹波の森を活用したネイチャーゲーム体験など14事業

ふれあい塾事業

各種分野に精通した方に指導を受けた若者が、当日会場でその成果を披露するなど、年間を通じた人材育成の機会を設けました。丹波の魅力発掘隊による写真展わかものMC

※写真家の指導を受けた高校生が地元の魅力を紹介する「丹波の魅力発掘隊」による写真展、アナウンサーに指導を受けステージMCに挑戦する「わかものMC」など10事業

ボランティア

ボランティア

一般公募のボランティアの方々や、ボーイスカウトなどの団体の皆さまに会場運営にご協力いただきました。

 

 

 

その他

昨年度のふれあいの祭典全県フェスティバルは、淡路地域の淡路ワールドパークONOKORO及び動物愛護センター淡路支所で開催されました。

昨年度の様子は、淡路ふれあいフェスティバルのホームページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局県民生活課

電話:078-362-3875

FAX:078-362-3908

Eメール:kenminseikatsu@pref.hyogo.lg.jp