ホーム > イベントカレンダー > 【11月18日(土曜日)より展覧会を再開します】横尾忠則 HANGA JUNGLE(神戸市)

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

【11月18日(土曜日)より展覧会を再開します】横尾忠則 HANGA JUNGLE(神戸市)

修繕のため休館している横尾忠則現代美術館は、11月18日(土曜日)に再開します。11月18日、19日は「関西文化の日」として入場無料とするほか、学芸員の解説会や舞踊家によるパフォーマンス&レクチャーを開催します。また、工事のため休止していた「横尾忠則 HANGA JUNGLE」は会期を平成30年2月4日(日曜日)まで延長します。なお、再開前の11日(土曜日)、12日(日曜日)には灘区総合芸術祭の一環として「1DAY JAZZ ROAD」と「音楽ステージ」を1階オープンスタジオにて開催します。

hanaga2

概要

横尾忠則は1960年代にアンダーグランド演劇のポスターをエロスと妖しさがただよう総天然色のデザインで制作して以来、グラフィズムによって時代の流行をつくりだし、日本文化をリードするデザイナーとして注目を浴びました。それ以降「時の人」としてさまざまなメディアに取り上げられますが、その一方でHANGAの制作にも積極的に取り組んでいきます。1982年に「画家宣言」を発した後もペインティングと併行して、版画の枠を超えた作品を制作し続けています。

本展覧会のキーワードは「HANGA」と「JUNGLE」。世界的に通用する「HANGA」という英単語の使用には、伝統的なイメージが付随する「版画」とは違う、「超版画」であるという意味を含ませました。また「JUNGLE」は、横尾の表現の多様性とジャングルのイメージを重ね合わせたキーワードです。直感と衝動によって森羅万象を描いた作品群は、生物の共生によって多様で複雑な生態系を形成する、原始のジャングルを想起させるでしょう。

本展はこれら2つのキーワードに沿って、横尾忠則のHANGA群をJUNGLEのイメージで壁面を埋め尽くすように展示、HANGAの群生による驚異の表現世界を出現させることを目指しています。その空間からは、思考や論理を重視したモダニズムに抗う横尾の創作姿勢の今日的な意義や、現代版画の未来を予見することさえできるでしょう。

【関連事業】

学芸員による展覧会解説

講師:当館学芸員

日時:11月18日(土曜日)14時00分~

会場:「横尾忠則 HANGA JUNGLE」展示室内

参加費:無料

 
大野慶人パフォーマンス&レクチャー

出演:大野慶人

企画協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想

協力:アンサンブル・ゾネ

日時:11月19日(日曜日)14時00分~

集合場所:当館オープンスタジオ

参加費:無料

  

《聖シャンバラ 火其地》

《聖シャンバラ 火其地》1974年 町田市立国際版画美術館蔵

《Orange Headed》

《Orange Headed》1983年 町田市立国際版画美術館蔵

《Lisa Lyon in Izukogen, March 23, 1984 - II》

《Lisa Lyon in Izukogen, March 23, 1984 - II》1986年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

開催期間

  • 2017年9月9日(土曜日)~2018年2月4日(日曜日)

開催場所

会場名 横尾忠則現代美術館
会場住所 神戸市灘区原田通3-8-30
会場へのアクセス

鉄道
・阪急電車王子公園駅 徒歩約6分 ※急行・特急は止まりません
・JR灘駅 徒歩約10分 ※新快速・快速・特急は止まりません
・阪神電車岩屋駅(兵庫県立美術館前) 徒歩約12分 ※急行・特急は止まりません
バス
・神戸市営バス「王子動物園前」停留所 徒歩約3分
 90系統(中突堤中央ターミナル←→石屋川・石屋川車庫前)

 92系統(三宮神社前←→石屋川・石屋川車庫前)


・阪神高速神戸線 摩耶ICより約8分(約2.5キロメートル)
 1.阪神高速神戸線摩耶ICより国道2号線(大阪方面)へ
 2.船寺交差点を左折(北上)
 3.水道筋3交差点を左折
 4.阪急ガード下をくぐり約300メートル直進

有料駐車場(31台:原田の森ギャラリーと共用)

 利用時間:10時~18時

 料金:一般の方  400円/1時間(以降 200円/30分)

    当館利用者 400円/2時間(以降 200円/30分)

※駐車台数に限りがありますので、出来るだけ公共交通機関をご利用ください。

地図 地図

主催

横尾忠則現代美術館〔(公財)兵庫県芸術文化協会〕、神戸新聞社、産経新聞社

関連メニュー

[会期]
2017年9月9日(土曜日)〜2018年2月4日(日曜日)
開館時間:10:00−18時00分[金・土曜日は−20時00分]
 入場は閉館の30分前まで
休館日 :月曜日[ただし9月18日(月曜日・祝)、10月9日(月曜日・祝)は開館、9月19日(火曜日)、10月10日(火曜日)は休館]
 年末年始・メンテナンス休館[12月26日(火曜日)−1月5日(金曜日)]

[主催]
横尾忠則現代美術館〔(公財)兵庫県芸術文化協会〕、神戸新聞社、産経新聞社

[後援]
兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西

[協力]
ホテルオークラ神戸

[観覧料]
一般700(550)円
大学生550(400)円
70歳以上350(250)円
高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体および前売料金
※70歳以上は前売はいたしません
※前売券は9月8日(金曜日)までローソンチケット(Lコード:56693)および楽天レジャーチケットで一般、大学生のみ販売
※ローソンチケットおよび楽天レジャーチケットは当日券(一般、大学生のみ)も販売しています
※障がいのある方(70歳以上除く)は各観覧料員の半額、その介護の方(1名)は 無料
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参のうえ、会期中美術館窓口で入場券をお買い求めください
※兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券をご提示いただくと、横尾忠則現代美術館の企画展が団体割引料金でご覧いただけます

お問い合わせ

部署名:企画県民部知事室芸術文化課

電話:078-362-9077

FAX:078-362-4260

Eメール:geijutsubunkaka@pref.hyogo.lg.jp