ホーム > 暮らし・教育 > 生活 > 税金・公金収納 > 改元に伴う各種通知等の年・年度の表示について

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

改元に伴う各種通知等の年・年度の表示について

納税通知書等において、改元後の日付として「平成」が用いられている場合、また、改元後の年度として「平成31年度」が用いられている場合でも、当該納税通知書等は有効ですので、ご了承ください。

年の表示について

(1)改元日以前に作成されたもの

対応可能なものについては、「令和」を用いていますが、「平成」と表示されているものがあります。

(2)改元日以後に作成されたもの

原則として「令和」を用います。

上記に関わらず、年間分の用紙を調達している等の理由により、税務システムから発行する納付書等については、改元後も「平成31年」と表示されている場合があります。

年度の表示について

(1)改元日以前に作成されたもの

対応可能なものについては、「令和元年度」を用いていますが、「平成31年度」と表示されているものがあります。

(2)改元日以後に作成されたもの

原則として「令和元年度」を用います。

上記に関わらず、年間分の用紙を調達している等の理由により、税務システムから発行する納付書等については、改元後も「平成31年度」と表示されている場合があります。

改元後の「平成」を用いた年・年度の読み替えについて

改元後の日付を表す場合の「平成」については、「令和」へ、改元後の年度を表す場合の「平成31年度」については、「令和元年度」へ、それぞれ読み替えをお願いいたします。

改元を理由として、再度文書を発信しません。

 

 

お問い合わせ

部署名:企画県民部企画財政局税務課

電話:078-362-3086

FAX:078-362-3906

Eメール:zeimuka@pref.hyogo.lg.jp