ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症対策に係る出勤削減の状況

ここから本文です。

更新日:2021年9月15日

新型コロナウイルス感染症対策に係る出勤削減の状況

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、兵庫県では在宅勤務の活用等により、職員の出勤削減の取組を行っています。

1 取組内容

新型コロナウイルス感染症対策業務に従事する職員を除く職員(県立病院、警察、県立学校を除く)については、在宅勤務の活用等による出勤削減を推進する。ただし、県民サービスの維持の観点や業務の性質から、在宅勤務が難しい業務については最小限で出勤する。(例:各種県民相談、こども家庭センター、土木事務所の設計・工事監理等の業務)

2 出勤削減の状況(令和3年4月26日(月曜日)~令和3年8月19日(木曜日))

期間

出勤削減率

本庁

(約2,680人)

地方機関

(約5,720人)

合計

(約8,400人)

[緊急事態措置期間]

令和3年4月26日(月曜日)~6月18日(金曜日)

△45.0%

△37.6%

△39.9%

[まん延防止等重点措置期間]

令和3年6月21日(月曜日)~7月9日(金曜日)

△41.5%

△36.1%

△37.8%

[まん延防止等重点措置期間]

令和3年8月2日(月曜日)~8月19日(木曜日)

△42.9%

△38.0%

△39.6%

※1 新型コロナウイルス感染症対策業務に従事する職員を除く(本庁:約600人、地方機関:約600人、合計:約1,200人)
※2 非常勤職員を含む
※3 土日祝を除く

3 出勤削減の状況(令和3年8月20日(金曜日)~)

期間

出勤削減率

本庁

(約2,680人)

地方機関

(約5,720人)

合計

(約8,400人)

[緊急事態措置期間]

令和3年8月20日(金曜日)~9月10日(金曜日)

△47.5%

△40.4%

△42.7%

※1 新型コロナウイルス感染症対策業務に従事する職員を除く(本庁:約600人、地方機関:約600人、合計:約1,200人)
※2 非常勤職員を含む
※3 土日祝を除く

〔参考〕出勤削減に向けた環境整備

  • 自宅から職場パソコンにリモートアクセスし、職場パソコンを利用可能なシステム「テレワーク兵庫」を導入(R2.11運用開始)
  • 在宅勤務を補完し、自宅の最寄り庁舎で業務に従事できるよう、各県民局・県民センターの総合庁舎等にサテライトオフィスを設置(R2:18箇所、R3:20箇所)
  • モバイルパソコン、タブレット端末を活用したモバイルワークによる効率的な業務執行の推進(R2:各1,000台導入)
  • テレビ会議システムのライセンス数の拡充(ライセンス数 R元:13、R2:25)
  • 令和3年度より「在宅勤務推進月間」を全庁及び各部局で設定し、平時からの在宅勤務制度の積極的な活用に取り組む。(全庁推進月間:8月)

お問い合わせ

部署名:企画県民部管理局人事課

電話:078-362-3078

FAX:078-362-3940

Eメール:jinjika@pref.hyogo.lg.jp