ホーム > イベントカレンダー > 国際防災・人道支援と中央・地方行政~兵庫県の役割を考える~(神戸市)

ここから本文です。

更新日:2018年7月2日

国際防災・人道支援と中央・地方行政~兵庫県の役割を考える~(神戸市)

ちらし

概要

世界中で多発する自然災害や深刻化する人道問題に対処するため、阪神・淡路大震災からの創造的復興やHAT神戸に集積する関係機関の活動実績などを踏まえ、兵庫県が果たすべき役割、国際機関と中央・地方政府の協働のあり方などについて、参加者全員で考えるシンポジウムを開催します。是非、お越しください。

 

  1. 開催日時
    平成30年7月20日金曜日 14時から16時30分
  2. 開催場所
    JICA関西2階オリエンテーションルーム
  3. 定員
    100人程度(無料)
  4. 申込方法
    参加申込書に必要事項をご記入の上、下記お問い合わせ先(防災企画課)までお申込みください。
    または、申込受付ページ(外部サイトへリンク)もしくは以下のQRコードから申込ページにアクセスしてください。
  5. プログラム
  • 基調講演・総括
     グローバルリスク、国際行政、地方自治体への含意
     東京大学大学院法学政治学研究科・公共政策大学院教授 城山英明
  • 取組紹介その1
     国際機関と中央政府・地方政府の関係・役割
     外務省国際協力局審議官 牛尾滋
  • 取組紹介その2
     県の取組及び国際防災・人道支援協議会(DRA)の紹介
     兵庫県企画県民部防災企画局長 高見隆
  • 活動報告その1
     国際人道支援とOCHAの役割について
     国連人道問題調整事務所神戸事務所長 渡部正樹
  • 活動報告その2
     国際防災協力の取組について
     アジア防災センター所長 鈴木弘二
  • 活動報告その3
     防災分野における国際的な人材育成について
     JICA関西・国際防災研修センター所長 西野恭子
  • 同時開催
     117KOBEぼうさい委員会による防災グッズ作成のワークショップ、パネル展
     

スマートフォン用申込フォーム

携帯電話用申込フォーム

開催期間

  • 2018年7月20日(金曜日)

   14時00分~16時30分

開催場所

会場名 JICA関西2階オリエンテーションルーム
会場住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
会場へのアクセス
  • 遠方からお越しの方
    東海道新幹線「新神戸駅」下車 タクシーで約10分
  • 電車でお越しの方
    JR「灘」駅から徒歩約12分、阪神「岩屋」駅から徒歩約10分
  • バスでお越しの方
    神戸市バス29系統・100系統・101系統「県立美術館前」下車 西へ徒歩約1分
    阪神バスHAT神戸線「県立美術館前」下車 西へ徒歩約1分
地図 地図

主催

兵庫県(神戸新聞社後援)

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県企画県民部防災企画局防災企画課
住所 神戸市中央区下山手通5-10-1
電話 078-362-9870
FAX 078-362-9914

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局防災企画課 防災企画班

電話:078-362-9870

内線:5352

FAX:078-362-9914

Eメール:bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp