ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 被災地支援 > ネパール地震兵庫県義援金プロジェクトについて

ここから本文です。

更新日:2016年6月14日

ネパール地震兵庫県義援金プロジェクトについて

ネパール地震兵庫県義援金募集委員会では、平成27年4月に発生したネパール地震に際し、県民の皆様から多くの義援金をお預かりしました。この度、事業実施団体が決定し、被災地での教育復興支援を実施することとなりました。 

(1)事業内容:

仮設校舎の補修や学用品の支給など、支援地域内の被災校のニーズに応じた教育環境整備を行う。

事業の活動指針となるアクションプランを作成し、教育テキストの作成、配布を行うとともに、モデル校でのモデル授業を実施する。

(2)事業実施団体:

兵庫県側実施主体として組織する「チームひょうご」が、ネパール側の実施主体「チームネパール」を支援し、協働してプロジェクトを実施する。

<参画団体>

「チームひょうご」

県立大学防災教育研究センター、アジア防災センター、プラスアーツ、SEEDS-Asia、CODE海外災害援助市民センター、人と防災未来センター、震災学校支援チームEARTH(プロジェクト事務局:特定非営利活動法人さくらネット)等

「チームネパール」

NSET-Nepal(ネパール地震工学協会。※現地NGO)、ネパール政府教育局

(3)事業総額:13,735千円

(4)事業期間:平成28年6月3日~平成30年6月30日(約2年間)

協定書署名式を実施しました

ネパール地震兵庫県義援金募集委員会では、プロジェクトのカウンターパートであるチームひょうごの事務局であるNPO法人さくらネットとネパール連邦民主共和国政府(在大阪ネパール名誉総領事館)立ち会いのもと、下記のとおり協定書署名式を開催しました。

協定書署名式

日 時:平成28年6月3日 金曜日 14時45分~15時15分

場 所:兵庫県公館 第1会議室

出席者:

兵庫県知事 井戸 敏三(ネパール地震兵庫県義援金募集委員会会長)

兵庫県町議会議長会会長 難波 靖通

社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会常務理事 真木 高司

神戸新聞厚生事業団理事長 江本 幸仁

在大阪ネパール名誉総領事館 名誉総領事代理 今西 良介 

チームひょうご代表・兵庫県立大学防災教育研究センター長 室﨑 益輝

チームひょうご構成員・兵庫県立松陽高等学校教諭 諏訪 清二

特定非営利活動法人さくらネット 代表理事 石井 布紀子

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局防災企画課

電話:078-362-9814

FAX:078-362-9914

Eメール:bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp