ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 防災対策 > 関西広域連合の取り組みについて(東日本大震災)

ここから本文です。

更新日:2013年6月20日

関西広域連合の取り組みについて(東日本大震災)

関西広域連合委員会の開催など

平成23年3月13日(日曜日)

兵庫県災害対策センターにおいて、関西広域連合委員会が開催されました。 

 会議では、東北地方太平洋沖地震被害への支援対策が協議され、支援物資の提供や公営住宅への被災者の受け入れなどについて、阪神・淡路大震災を経験した関西が一丸となって取り組むことを決定し「東北地方太平洋沖地震支援対策にかかる関西広域連合からの緊急声明」を発表しました。

 

平成23年3月29日(火曜日)

兵庫県災害対策センターで開催された同委員会において「東北地方太平洋沖地震支援対策にかかる関西広域連合からの緊急声明(第二次)」を発表し、「被災県・市町村への応援要員の派遣」「阪神・淡路大震災の経験や教訓を生かした助言・指導」「被災者受入態勢の充実」などの支援を、積極的かつ継続的に実施することを表明しました。

 また、地域主体の復興対策の推進と国による積極支援や、「日本版対口支援」の仕組みづくりなど、国に対する緊急提案を行いました。


関西広域連合委員会 
関西広域連合委員会(平成23年3月29日)

 

 

平成23年4月5日(火曜日)

 兵庫県庁において、井戸関西広域連合長が、「農畜産物等食の安全確保策等」にかかる国への緊急提案を行ったことを発表しました。



平成23年4月19日(火曜日)

 井戸敏三関西広域連合長(兵庫県知事)・山田啓二広域観光・文化振興担当委員(京都府知事)連名で、観光庁長官に対し緊急要望を行いました。



平成23年4月28日(木曜日)

東日本大震災に関する緊急提言(第2次)、関西広域連合の東日本大震災に対する支援活動等について討議を行いました。



平成23年5月26日(木曜日)

 節電対策、サマータイム等について協議しました。また、ソフトバンク株式会社孫社長から自然エネルギー協議会について説明していただきました。

 

記者発表資料

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局広域企画室

電話:078-362-9806

FAX:078-362-9839

Eメール:koikikikaku@pref.hyogo.lg.jp