ホーム > 防災・安心・安全 > 震災復興 > 1.17は忘れない > 防災・減災応援プロジェクト ~1.17は忘れない~

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

防災・減災応援プロジェクト ~1.17は忘れない~

防災力強化県民運動はばタン阪神・淡路大震災の経験と教訓を忘れず、伝える、備える、活かす取組を充実させることが大切です。このため、県など行政だけでなく、自治会や婦人会、商工会議所をはじめ防災・減災にかかわる団体などで設立した「ひょうご安全の日推進県民会議」では、毎月17日を「減災活動の日」と定め、家庭での備蓄などを呼びかけるとともに、自主防災組織や学校、企業などが行う防災・減災に関する講義や防災訓練の指導に「ひょうご防災特別推進員」を派遣するなど、地域ぐるみの防災・減災の取組を実践を支援しています。

このたび、ふるさとひょうご寄附金を活用して、「減災活動の日」をはじめとする、防災・減災に関する情報発信を充実させるとともに、地域の防災専門家が小中学校で取り組むためのわかりやすい教材の作成等に役立てます。

 

防災・減災情報の発信

「ひょうご減災活動の日」Facebookの発信

毎月17日に住宅の耐震化、室内安全、備蓄、避難などの減災活動を実践してもらうため、Facebookを活用した情報発信を充実させます。

「ひょうご減災活動の日」Facebookページ https://www.facebook.com/hyogo.gensai/(外部サイトへリンク)

 

啓発パンフレットの作成

具体的な防災・減災の取組をわかりやすく解説したパンフレットを作成し、ひょうご防災特別推進員派遣時の教材として活用するとともに、自治会や自主防災組織などでの学習会での参考資料として役立てていただきます。

防災学習会

住民津波避難訓練

防災マップの作成

 

防災・減災パンフレット 学習会教材「防災対策のすすめ」

小中学生向け防災教育の充実

小中学校でも実践的な防災学習が広まっています。ひょうご防災リーダーや防災士などが学校で行う防災学習、防災訓練の指導で使用する防災・減災をわかりやすく伝える教材づくりします。

例)防災力強化県民運動ポスターコンクール優秀作品を活用した「減災活動の日」カレンダー、小中学生向け減災パンフレット 等

 

 防災教育

非常持ち出し袋ゲーム 

 

 

減災活動の日カレンダー

 

寄附の特典

「防災・減災応援プロジェクト」に5,000円以上寄附いただいた方に、県立施設招待券2枚(共通)のほか、写真のグッズをお礼としてお贈りしています。皆様の心のこもったご寄付をお待ちしております。

 

寄附の特典・はばタンぬいぐるみストラップ

・カレンダーに貼ろう!「減災活動の日ステッカー」3枚

・「みんなで逃げようストラップ」3個

・県立施設招待券2枚(共通)

 

寄付の手続き

以下のページをご覧ください

https://web.pref.hyogo.lg.jp/ac02/kihu01.html#kifutetuduki

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局復興支援課

電話:078-362-9832

FAX:078-362-4459

Eメール:fukkoushien@pref.hyogo.lg.jp