ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 国民保護 > 弾道ミサイルを想定した住民避難訓練について

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

弾道ミサイルを想定した住民避難訓練について

国(内閣官房、消防庁)、西宮市と共同して弾道ミサイルを想定した住民避難訓練を下記のとおり実施しました。

1日時

平成29年9月17日(日曜日)10時00分~10時10分頃
(訓練終了後、市立鳴尾東公民館において、住民による振り返りを実施)

2場所

兵庫県西宮市鳴尾東地区
(東鳴尾町1丁目、東鳴尾町2丁目、笠屋町、上田東町、上田中町、上田西町)

3訓練想定

X国から弾道ミサイルが発射され、我が国に飛来する可能性があると判明

4主要訓練項目

防災行政無線(屋外スピーカー)による住民への情報伝達

  • 上記2の地域における屋内等への住民避難

5主催者

内閣官房、消防庁、兵庫県、西宮市

6協力

鳴尾東連合防災会

7訓練参加機関

内閣官房、消防庁、兵庫県、兵庫県警察、西宮市、西宮市消防局

8連携訓練

  • 上記2の地域において、兵庫県警察による住民の避難誘導等を実施
  • 国からのエムネットによる情報伝達を受け、県と市町・兵庫県警察本部との情報伝達訓練を実施
  • 一部の市町で防災行政無線や登録メール等による住民への情報伝達訓練を実施

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部災害対策局災害対策課 防災・危機管理班

電話:078-362-9833

内線:3145

FAX:078-362-9911

Eメール:saitai@pref.hyogo.lg.jp