ホーム > 食・農林水産 > 農山漁村 > 防災・保全 > 六甲山の災害展

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

六甲山の災害展

平成9年から毎年2週間にわたり、【六甲山の災害展】を開催しています。六甲山系における過去の土砂災害パネル展示、土石流模型実験、降雨体験装置(カッパくん)、3D立体映像装置(びっくりくん)、保水力実験等を通じ、六甲山系の土砂災害の危険性と防災・減災意識の向上を目的とした取り組みを行っています。平成29年の【六甲山の災害展】は、「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」において8月15日~27日に開催し、約3,000人が見学されました。なお、今年は昭和42年豪雨災害から50年、また六甲治山事務所設立50年を迎え、例年の災害展に加え現地見学会「六甲山の緑の原点探索ツアー」(8月20日、23日に開催。参加者65人)を開催しました。

六甲山系の土砂災害写真展

土石流モデル実験

降雨体験装置(カッパくん)

保水力実験

森林の保水力実験

 

 

 

 

 

 

                     

探索ツアー   探索ツアー1    探索ツアー3  

 「六甲山緑の原点探索ツアー」の様子1  「六甲山緑の原点探索ツアー」の様子2   「六甲山緑の原点探索ツアー」の様子3

 

●関連メニュー

 

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局治山課

電話:078-362-3471

部署名:県土整備部土木局砂防課

電話:078-362-3544

部署名:神戸県民センター 六甲治山事務所

電話:078-361-8573

FAX:078-361-8579

Eメール:rokkouchisan@pref.hyogo.lg.jp