ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 河川整備 > 湊川隧道における取り組み

ここから本文です。

更新日:2020年7月11日

湊川隧道における取り組み

 地元企業・地域団体と連携した湊川隧道の保存・活用事業

 県、地元企業、地域団体が連携し、日本酒の貯蔵・販売・PR活動を通じて、貴重な近代土木遺産である湊川隧道の保存・活用を図り、地域の活性化に資することを目的としています。

協定書の締結

 令和2年5月8日(金)に、以下の4者で「湊川隧道の保存・活用に向けた連携と協力に関する協定」を締結しました。

 <協定書の内容>

 ◆兵庫県神戸県民センター、地元企業((株)神戸酒心館・早駒運輸(株))、地域団体(湊川隧道保存友の会)は、湊川隧道の保存・活用、

  PRに連携・協力して取り組む。

 ◆地元企業は、湊川隧道で日本酒を貯蔵・熟成し、蔵出ししたお酒を販売するとともに、販売にあわせて湊川隧道をPRする。また、

  湊川隧道の保存・活用に向け、一定額の寄付を行う。

 ◆地元企業からの寄付については、湊川隧道保存友の会が行う湊川隧道の保存・活用経費に活用する。

teiketusiki

締結者(左から:兵庫県神戸県民センター長、湊川隧道保存友の会会長、(株)神戸酒心館社長、早駒運輸(株)社長)

日本酒の貯蔵事業

 令和年5月12日(火)に、湊川隧道に日本酒の貯蔵を行いました。

 蔵出しは11月に予定しており、販売等の詳細が決まれば、適宜、ホームページを更新します。

 <日本酒の貯蔵>

  720ml瓶・・・3,000本

  1,800ml瓶・・・234本

       搬入 搬入2

 貯蔵の様子      

 

 

 

 

お問い合わせ

部署名:神戸県民センター 神戸土木事務所 企画調整担当

電話:078-737-2382

FAX:078-735-4059

Eメール:koubedoboku@pref.hyogo.lg.jp