ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 河川整備 > 河川の安全対策

ここから本文です。

更新日:2014年10月23日

 

河川の安全対策

 平成20年7月28日午後、都賀川周辺の急な大雨により、急激に水位が上昇し、大人2名・学童2名・園児1名の5名が流され、犠牲となる事故が発生しました。
 都賀川をはじめとする表六甲河川は雨が降ると急に水位が上がる危険性を有しており、河川利用者の危険意識が薄れている状況を踏まえ、急激な増水に対して、河川利用者がより的確に安全確保の判断が出来るよう、増水警報システムを導入するなど安全対策を進めています。

1.増水警報システムの整備…㈱ラジオ関西の放送電波を利用し、大雨洪水注意報及び警報の発表と連動して回転灯が作動するシステムを、表六甲河川を中心に親水施設を有する河川に設置しています。

 増水警報システムの整備状況

河川名

設置箇所

河川名

設置箇所

住吉川

石屋川

都賀川

生田川(苧川含む)

宇治川

新湊川

16

14

13

石井川

妙法寺川

天井川

福田川

山田川

有馬川

 

 

合計  13 河川

81 箇所

 

  2.注意喚起看板の設置…神戸土木事務所の管理河川においては、今回の事故以前より河川利用者に向け危険周知をする看板は設置されていましたが、より的確に安全確保の判断ができるよう、表六甲河川を中心に親水施設を有する河川に看板を設置しています。

 

注意喚起看板の設置状況 

 


河川名

設置箇所

表六甲河川

都賀川

86

表六甲河川

(都賀川以外)

住吉川 他10河川

241

その他

福田川 他6河川

117

明石川 他2河川

15

 計

 22 河川

459

 

河川看板

3.啓発活動 -出前講座-…河川利用者への安全確保のための情報提供及び増水警報システムの周知を図るため、イベント開催時における防災学習、パンフレットの配布など幅広く啓発活動を行っています。

 河川パンフレット

4.今後の取り組み…引き続き啓発活動を実施するとともに、回転灯点灯基準の周知や注意喚起のため河川利用者が増える7月~10月に都賀川、住吉川、福田川、石屋川、妙法寺川、生田川、天上川および山田川に横断幕(35枚)を設置します。

お問い合わせ

部署名:神戸県民センター 県民交流室

Eメール:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp