ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 神戸県民センター > 神戸生活創造センターの指定管理候補者の選定について

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

兵庫県立神戸生活創造センターの指定管理候補者の選定について

兵庫県立神戸生活創造センター(外部サイトへリンク)について、次期指定管理者を公募し、応募者の中から候補者を選定しました。

今後、地方自治法の規定に基づき、兵庫県議会での議決を経て、知事が指定する予定です。

1応募者

応募者数:2者

 

応募者名

所在地

大阪ガスビジネスクリエイト株式会社 大阪市西区

神戸生活創造センター運営グループ

代表団体:新長田まちづくり株式会社

構成団体:特定非営利活動法人ダンスボックス、特定非営利活動法人しゃらく

神戸市長田区

(50音順)

2選定された指定管理候補者

候補者名:大阪ガスビジネスクリエイト株式会社

所在地:大阪市西区京町堀1丁目4番16号

代表者名:代表取締役社長 乾 俊之

3候補者の選定理由

  • 大阪ガスビジネスクリエイト株式会社は、平成21年度から10年に渡り、着実に成果を上げている。
  • 次期事業計画では、これまでに培ったノウハウ、各種機関・団体とのネットワークを活かし、神戸・阪神地域の施設や団体と連携した多彩なプログラムや活動支援策、アウトリーチ事業など、広域性のある事業提案を行っている。
  • 施設移転に伴う活動団体等の利用継続についても、円滑な対応や支援が期待できる。

4指定管理期間

2019年(平成31年)4月1日から2022年3月31日まで(3年間)

5選定方法

資格審査

全ての応募者が応募要件を満たし、指定管理料の提案が上限以下であることを確認した。

選定委員会における審査

公平・公正な選定を確保するため、外部委員等5名により構成する「兵庫県立神戸生活創造センター指定管理候補者選定委員会」を設置し、応募書類及び提案内容を総合的に審査し、第1位と次点の2者を選定した。

候補者の選定

選定委員会での審査結果を受け、県で指定管理者の候補者を選定した。

  • 第1位が指定管理候補者となるが、2019年(平成31年)3月末までに辞退等の場合には、第2位の応募者と交渉することとなる。

6兵庫県立神戸生活創造センター指定管理候補者選定委員会委員

 

氏名

役職等

備考

宇田名保美 中小企業診断士、ADU株式会社代表取締役  
小林 由佳 神戸新聞社論説委員  
清水 勲夫 一般財団法人野外活動協会専務理事  
田中 亨胤 岐阜聖徳学園大学短期大学部学部長、兵庫教育大学名誉教授 委員長(互選)
正垣 修志 神戸県民センター副センター長兼県民交流室長  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:神戸県民センター 県民交流室 県民課県民担当

電話:078-361-8597

内線:235

FAX:078-361-8589

Eメール:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp