ホーム > 防災・安心・安全 > 震災復興 > 1.17は忘れない > ひょうご安全の日推進事業助成制度

ここから本文です。

更新日:2014年10月7日

 

ひょうご安全の日推進事業助成制度

 兵庫県では、県民グループ、民間団体等による、震災の経験と教訓を発信し、日々の生活の中で減災に取り組む「災害文化」の定着に貢献する事業を支援する、「ひょうご安全の日推進事業助成制度」を創設しています。

1 地域全県事業

(1)対象となる団体

 NPO、自主防災組織、実行委員会、学生グループなどで、団体規約を有し、事業責任者、会計責任者等を明確にしている団体。

(2)対象事業

 ・震災で学んだ教訓の継承と発信(ハンドブックの作成、住宅耐震化・家具転倒防止普及講座等)

 ・災害への備えや対応についての実践や発信(防災訓練、避難訓練、安全・安心マップづくり等)

 ・復興の過程で積み上げた経験の継承と発信(復興ワークショップ、フェニックス共済加入キャンペーン等)

 ・犠牲者の追悼、震災の振り返り(追悼音楽会・演劇会、震災映像上映会、震災モニュメントウォーク等)

 ・震災以降の災害を踏まえた教訓の共有と発信(被災者支援活動報告会、災害ボランティア交流会等)

(3)助成金の額

事業区分

助成額

助成率

地域事業

2~50万円

定額 対象経費の概ね1/2以内

全県事業

5~100万円

定額 対象経費の概ね1/2以内

(4)申請期間

 今年度の申請受付は終了いたしました

2 実践活動事業(震災20年にあたり今年度拡充)

(1)対象となる団体

 地域団体(自主防災、自治会、婦人会、PTA等)、学生グループ(子ども会、学生団体(学校を含む)など)で、団体規約を有し、事業責任者、会計責任者等を明確にしている団体。

(2)対象事業

 地域団体や学生グループが行う、防災訓練や防災学習等の、次なる災害に備える実践的な事業

(3)助成金の額

事業区分

助成額

助成率

地域事業

2~50万円

定額 対象経費の概ね1/2以内

 

 

 

(4)申請期間

 

事業開始月

申請期間

通年

平成26年4月~平成27年3月

随時:事業開始の1ヶ月前まで

 

 

 

3 対象要件等

(1)対象となる期間:平成26年4月1日~平成27年3月31日の間に行われる事業

(2)対象となる開催地:兵庫県内

(3)助成対象経費:謝金、交通費、印刷製本費、通信運搬費、消耗品費、保険料、委託料、使用料、人件費、その他事業の実施に要する経費で県民会議が認めるもの

(4)審査・選考方法:審査委員会において、審査選考。(不採択や減額になる場合があります。)

4 問合先・資料請求先

ひょうご安全の日推進県民会議事務局
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1(兵庫県復興支援課内)
TEL (078)362-9984 FAX (078)362-4459

申請窓口:神戸県民センター企画防災課 
〒650-0004 神戸市中央区中山手通6-1-1 TEL(078)361-8622

お問い合わせ

部署名:神戸県民センター 県民交流室

Eメール:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp