ホーム > 2019年6月記者発表資料 > 県立六甲山ビジターセンター企画展「六甲山のチョウとなかよくなろう」の開催およびイベント参加者募集について

ここから本文です。

県立六甲山ビジターセンター企画展「六甲山のチョウとなかよくなろう」の開催およびイベント参加者募集について

2019年6月14日

担当部署名/神戸県民センター 県民交流室県民担当  直通電話/078-361-8645

多様な自然環境を有する六甲山には80種以上のチョウが生息しています。今回の企画展は、「六甲山のチョウ」をテーマに標本やパネルの展示、ちょうちょまんが家の作品展、チョウの成長を描いたアニメの上映など、子どもから大人まで楽しみながら学習できる内容で、夏休みの宿題に役立つものとなっています。
また、企画展期間中の7月27日(土曜日)に開催するイベント「チョウのまんが教室」「まるごとチョウを体験しよう会」の参加者を募集します。
今年の夏は六甲山ビジターセンターでチョウとふれあってください。

1 期  間:2019年7月13日(土曜日)~8月25日(日曜日) 9:30~15:00
                                                                               (土日祝日は~16:00)
        ※毎週月曜休館(但し月曜が祝日・振替休日の場合は翌火曜休館)

2 会  場:兵庫県立六甲山ビジターセンター(六甲山記念碑台) TEL:078-891-0616
       ※入場無料

3 アクセス:六甲ケーブル山上駅から六甲山上バスに乗り「記念碑台」下車すぐ(バス乗車約3分)。
       バス乗車しない場合、六甲ケーブル山上駅から徒歩約20分
       ※詳しくはホームページ(「六甲山ビジターセンター」で検索)をご参照ください。

4 展示内容
     (1) みんなでえらぶ!「六甲山のチョウ大好き・総選挙」
      →主なチョウの標本を見ながら好みのチョウを選びシールを貼っていただく来場者参加企画です。
     (2) 六甲山に生息するチョウ全標本
      →テーマごとに標本箱9箱を収納ケースに入れて展示します。
     (3) 神戸・六甲山のチョウと食草を関連づけた写真パネル
     (4) まんが家わさびさん編集・発行の図鑑よりおもしろい「ちょうちょ通信」
     (5) チョウのふしぎがわかるアニメの上映 など

5 イベント

 (1) 企画展機関中に開催する下記2つのイベントの参加者を募集します。

【チョウのまんが教室】 

・日時 7月27日(土曜日) 10:30~12:00
・会場 六甲山ビジターセンター
・定員 20名(先着)
・対象 小学生以上(大人の方も大歓迎)
・講師 わさびさん(ちょうちょまんが家)
・内容 プロのまんが家と同じ画材(Gペンやトーン)を使ってチョウやイモムシをかっこよく描く

【まるごとチョウを体験しよう会】
・日時 7月27日(土曜日) 13:00~15:00
・会場 六甲山ビジターセンター
・定員 40名(先着)
・対象 幼児から大人まで
・講師 自然体験活動支援「シニア種まき隊」
・内容 大きな虫かごの中でチョウに蜜やり、拡大顕微鏡でチョウ観察、
    わさびさんと一緒にチョウを描く、芝生広場でチョウの凧あげなど

(2) 申込方法:住所、氏名、年齢、電話番号、希望イベント名を明記し、FAX、Eメール、
  郵送(ハガキ)でお申し込みください。チラシ裏面がFAX申込用紙となっています。

・FAX 078-361-8589

・Eメール kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp
・郵送 〒650-0004 神戸市中央区中山手通6-1-1 神戸県民センター六甲山イベント係

(3) 申込期限:7月17日(水曜日) 必着
          ※ 詳しくは六甲山ビジターセンターのホームページをご覧ください。

6 主  催:兵庫県神戸県民センター県民交流室(TEL:078-361-8645)

7 展示企画:橋本 敏明(環境省環境カウンセラー)

8 展示協力:兵庫県立人と自然の博物館、NPO法人六甲山の自然を学ぼう会
          自然体験活動支援「シニア種まき隊」、わさびさん(ちょうちょまんが家)

【特記事項】
ちょうちょまんが家 わさびさんの紹介
横浜市在住。日本初の少女漫画教室を開いた鈴木光明氏の最後の弟子。小学館などのまんが大賞で、入選や受賞を多数。近年、フィールドや自ら飼育しているチョウを面白くわかりやすく描写した、フリーペーパー「ちょうちょ通信」を発行。チョウの専門家にも評価が高い。「わさびの萌え萌えいもむし&むしブログ☆」を公開中。
わさびさんの作品展は、京阪神地域では初めての開催。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。