ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 道路整備 > 今後の社会基盤整備のあり方に関する有識者委員会

ここから本文です。

更新日:2014年8月22日

今後の社会基盤整備のあり方に関する有識者委員会

これからの社会基盤整備については、発生可能性が高まる南海トラフ地震や、多発する集中豪雨、高度成長期に大量に整備した施設の老朽化、本格的な人口減少・少子高齢など、これまで経験したことのない環境変化等への的確な対応が求められています。

兵庫県では、「ひょうご社会基盤整備基本方針(平成18年3月策定)」の改定にあたり、今後の社会基盤整備の方向性について、大局的・多面的な視点からの助言を得るため、標記委員会を設置します。

開催状況

●第1回委員会 平成25年10月5日(土曜日)

●第2回委員会 平成25年12月26日(木曜日)

●第3回委員会 平成26年1月26(日曜日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局技術企画課

電話:078-362-9247

FAX:078-362-4433

Eメール:kendo_gijyutsu@pref.hyogo.lg.jp