ホーム > まちづくり・環境 > 公共交通 > 鉄道・車両交通 > バス交通の活性化に向けた取り組み

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

バス交通の活性化に向けた取り組み

路線バスやコミュニティバスを持続可能な移動手段とするためには、運行の効率化や利用促進策の実施、地域の実情に応じた運行形態とすることが必要不可欠です。
そこで、兵庫県では、行政担当者や交通事業者との勉強会を開催するほか、バス情報の“見える化”を推進するなど、バス交通の活性化に向けた取り組みを行っています。

バス情報の“見える化”の推進

バス検索バスに対して、「どこを走っているか分からない」「目的地にいつ着くか分からない」といったイメージはありませんか。また、「ネット経路検索は鉄道しかできない」と思っていませんか。

(1)バス検索始めました!
兵庫県では、路線バス事業者やコミュニティバス運行市町と協力し、鉄道とバスとの一括ネット経路検索を可能にすべく、「ネット経路検索に県内バスを載せよう!」プロジェクトを推進中です。
現在、県内の9割の路線バスとコミュニティバスに対応しています。是非、経路検索提供事業者のホームページをご覧ください。
○関連資料
「ケータイ・スマホでバス検索始めました!」(ページ下部の「関連資料」をご覧ください)

(2)ご存じですか?バスロケーションシステム
兵庫県では、スマートフォンや携帯電話から路線バスの運行情報等をリアルタイムで入手できるバスロケーションシステムの導入を促進しています。現在、県下の路線バス事業者でも導入が進められています。是非、提供事業者のホームページをご覧ください。
○関連資料
「ご存知ですか?バスロケーションシステム」(ページ下部の「関連資料」をご覧ください)

その他の取り組み 

コミュニティバス・アセスメント指針の作成(平成20年3月)

市町が運行するコミュニティバスの運行効率化や活性化に向けて、市町が自己点検できるアセスメント指針を作成しました。
○関連資料
「コミュニティバス・アセスメント指針」(ページ下部の「関連資料」をご覧ください)

NPO等自主運行バス導入マニュアルの作成(平成20年3月)

地域住民やNPO等が主体となって運行する自主運行バスの導入にあたってのマニュアルを作成しました。
○関連資料
「NPO等自主運行バス導入マニュアル」(ページ下部の「関連資料」をご覧ください)

“バスからはじめる公共交通”の作成(平成23年3月)

公共交通の利用促進と危機意識の共有を図るため、リーフレットを作成しました。
○関連資料
「バスからはじめる公共交通」(ページ下部の「関連メニュー」をご覧ください)

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局交通政策課

電話:078-362-3887

FAX:078-362-4277

Eメール:kendo_koutsuu@pref.hyogo.lg.jp