ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり指針 > ひょうご自転車まちづくりシンポジウム

ここから本文です。

更新日:2017年3月6日

ひょうご自転車まちづくりシンポジウム

兵庫県では、従来から取り組んでいる自転車の事故や放置、盗難の課題解決を図る自転車の適正利用の普及や走行空間の整備とあわせ、自転車の利用促進により、地域の魅力向上や活性化につながるとともに環境にもやさしい「自転車まちづくり」を推進していくこととしています。
昨年度のシンポジウムの主旨「自転車の魅力を活かしたまちづくりの可能性を探る」から一歩進めて、今年度は、自転車利用者や事業者、行政が一体となった自転車まちづくりの取組をテーマに、「ひょうご自転車まちづくりシンポジウム」を以下により開催します。

主催

兵庫県

日時

平成29年3月27日(月曜日)13時00分~16時30分
(受付)12時30分~
(開場)13時00分

会場

尼崎市中小企業センター 1階大ホール(尼崎市昭和通2-6-68)

内容

1.ブース展示

地域密着型自転車ロードレースチーム コラッジョ川西サイクリングチーム、ふたごじてんしゃ、他市のコミュニティサイクルの取組みなど魅力的な展示が目白押しです。

2.基調講演

【タイトル】
「21世紀の課題解決!今、自転車がおもしろい」
 ~自転車でまちづくり~

【基調講演登壇者】
中村 博司(堺自転車のまちづくり・市民の会代表)

3.自転車まちづくりにかかる取組紹介

兵庫県(自転車まちづくりの推進について~尼崎市をモデルとして~)
・尼崎市(条例制定等の取組など)

4.パネルディスカッション 

【内容】
市民等・事業者・行政のそれぞれの立場から都市魅力に繋がる自転車利用環境の創造について尼崎市をモデルとして考えます。
【コーディネーター】
吉田 長裕(大阪市立大学大学院工学研究科准教授)
【パネリスト】
中村 博司(堺自転車のまちづくり・市民の会代表)
香山 明子(株式会社地域環境計画研究所所員)
北谷 茂代(サイクルセンターサンワ)
梶本 修司(尼崎市危機管理安全局危機管理安全部長)

参加申し込み

1.定員

100名(観覧無料)

2.申し込み方法

参加を希望される方は、参加申込書にご記入のうえ、3月15日(水曜日)までに(3月21日(火曜日)まで延長しました)以下までお申し込みください。郵送・Fax・Eメールでの申し込みが可能です。
※ご記入いただいた内容は、本シンポジウム以外には使用しません。

【申し込み先】
兵庫県県土整備部まちづくり局都市政策課都市政策班
〒650-8567
神戸市中央区下山手通5-10-1
Tel:078-341-7711(内線4669)
Fax:078-362-9487
E-mail:kendo_toshi@pref.hyogo.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市政策課

電話:078-341-7711(内線4669)

FAX:078-362-9487

Eメール:Kendo_toshi@pref.hyogo.lg.jp