ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり指針 > ひょうご自転車まちづくりシンポジウム

ここから本文です。

更新日:2016年11月10日

ひょうご自転車まちづくりシンポジウム

兵庫県では自転車を活用したまちづくりについての検討を進めています。
自転車は優れた移動手段であるだけでなく、その積極的な利活用をまちづくりに取り入れることで、経済・健康・環境等の様々な面において数多くのメリットを有しています。
この度、自転車を活用したまちづくりの推進について気運を高めるため、「ひょうご自転車まちづくりシンポジウム」を以下により開催します。

日時

平成28年3月12日(土曜日)13時00分~17時00分
(受付)12時00分~
(開演)13時00分

※シンポジウム本体については、13時00分~15時30分で開催し、ホール前オープンスタジオについては、11時00分~17時00分で開場いたします。

会場

神戸芸術センタープロコフィエフホール(神戸市中央区熊内橋通7-1-13)

※ホール前オープンスタジオにて、自転車を身近に感じていただけるブース等を設置予定です。詳細は本ページにて随時お知らせいたします。

内容

1.基調講演(13時05分~13時50分)

【タイトル】
自転車でひろがる可能性~みんなにやさしい元気なまちをつくるために~

【基調講演登壇者】
絹代(サイクルライフナビゲーター、NPO法人自転車活用推進研究会理事)

2.パネルディスカッション(14時00分~15時30分)

【内容】
各分野の実践者と自転車を活用したまちづくりの可能性を探ります。

【コーディネーター】
絹代(サイクルライフナビゲーター、NPO法人自転車活用推進研究会理事)
【パネリスト】
吉田 長裕(大阪市立大学大学院工学研究科准教授)
鈴木 迪子((株)シマノバイシクルコンポーネンツ事業部企画部文化推進室勤務)
藤本 典昭(NPO法人自転車活用推進研究会理事)
杉谷 紗香((株)ピクニック社代表取締役社長)
稲村 和美(尼崎市長)

参加申し込み

1.定員

100名(観覧無料。定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。)

2.申し込み方法

参加を希望される方は、参加申込書にご記入のうえ、以下までお申し込みください。郵送・Fax・Eメールでの申し込みが可能です。

【申し込み先】
兵庫県県土整備部まちづくり局都市政策課都市政策班
〒650-8567
神戸市中央区下山手通5-10-1
Tel:078-341-7711(内線4669)
E-mail:kendo_toshi@pref.hyogo.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市政策課

電話:078-362-4324

FAX:078-362-9487

Eメール:Kendo_toshi@pref.hyogo.lg.jp