ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり指針 > まちづくり活動への支援

ここから本文です。

更新日:2016年11月10日

まちづくり活動への支援

阪神・淡路大震災の被災地における市街地復興のまちづくりを支援するための「復興まちづくり支援事業」を、公益財団法人兵庫県まちづくり技術センターを通じて実施しています。

復興まちづくり支援事業

被災地における復興まちづくりを支援するため、下記の支援を行っています。


対象地区

(1)災害救助法対象市町:下記の12市
神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、明石市、三木市、洲本市、南あわじ市、淡路市

(2)原則として、概ね街区単位で、全壊、半壊又は地震時に発生した火災により焼失した家屋を3戸以上含む地区

まちづくりアドバイザー派遣

(1)派遣対象
対象地区の住民団体

(2)派遣内容
1地区延べ15人以内
(専門家1人1日5万円を上限)

まちづくりコンサルタント派遣

(1)派遣対象
対象地区の3人以上で構成される住民団体

(2)派遣費用
1地区150万円を上限(但し、7人以上で構成される団体又は被災マンション再建を目的とする住民団体に対しては、300万円)を限度とする。

まちづくり活動助成

(1)助成対象
対象地区の世帯もしくは権利者の1/2以上が賛同する住民団体

(2)助成額
1地区300万円を限度とする。


上記事業の詳細については、公益財団法人兵庫県まちづくり技術センターのホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市政策課

電話:078-362-4324

FAX:078-362-9487

Eメール:Kendo_toshi@pref.hyogo.lg.jp