ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり指針 > 大規模小売店舗立地法 設置者の配慮事項

ここから本文です。

更新日:2015年9月7日

大規模小売店舗立地法 設置者の配慮事項

大規模小売店舗立地法では、設置者及び小売業者が、その周辺の地域の生活環境の保持のため、施設の配置、運営方法について配慮すべき事項について、指針に定めています。

設置者が配慮すべき事項

■設置者の配慮事項


●交通関係

 ○駐車場の必要台数の確保

 平均的な休祭日に必要な駐車台数の確保等

 ○駐車場の位置や構造等

 円滑な入出庫が可能な出入口の数や位置の確保、必要な駐車待ちスペースの確保、隔地駐車場の確保、交通整理員の配置等

 ○その他

 適切な荷捌き施設の整備、適切な来店経路の設定等

 平均的な休祭日に必要な駐輪台数の確保、歩行者の通行の利便の確保等


●騒音関係

 ○騒音問題への対応策、騒音の予測・評価

 騒音に配慮した施設の配置・運営等

 営業活動に伴って発生する騒音を抑制する対策等

 店舗から発生する騒音全体についての予測・評価等

 発生する騒音ごとの予測・評価(午後10時~午前6時)


●廃棄物関係

 充分な保管容量の確保、騒音や悪臭に配慮した施設確保

 適切な運搬頻度の確保等


●街並みづくり等関係

 街並みづくり、照明等に対する配慮等


お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市計画課
電話:078-362-9296
FAX:078-362-4453
Eメール:toshikeikakuka@pref.hyogo.lg.jp