ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 公園 > 北淡路花緑ネットワーク会議

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

北淡路花緑ネットワーク会議

北淡路地域では花緑関連施設が複数立地しながら、広報・誘客活動が各施設での取組となっており、また、施設を巡る交通手段が十分でないなど地域全体として施設のポテンシャルをいまひとつ生かしきれていない状況です。そこで、国内外から人を北淡路地域に呼び込み、地方創生時代の地域間競争に勝ち抜くために、広報・誘客活動のソフト面や、施設を巡る交通手段のハード面などにおいて施設間の連携を強化していくことが必要となっています。そのため、各施設からスタッフが集結し、未来志向で施設間の連携戦略の展開、強化を図るため「北淡路花緑ネットワーク会議」を設立しました。

写真:北淡路花緑ネットワーク会議の様子

 

主要メンバー

北淡路花緑関連施設

  • 県立淡路景観園芸学校

  • 淡路夢舞台
  • 奇跡の星の植物館
  • 国営明石海峡公園淡路地区
  • 県立淡路島公園
  • 淡路ハイウェイオアシス
  • あわじ花さじき

オブザーバー参加機関

  • 淡路県民局
  • 淡路市
  • 一般社団法人淡路島観光協会
  • 一般社団法人淡路島くにうみ協会
  • 公益財団法人兵庫県園芸・公園協会他

秋の淡路島 公園へ行こうキャンペーン開催中

9月15日(土曜日)~11月16日(金曜日)の間、北淡路地域の県立の花緑関連施設・公園では、海に囲まれた淡路島の豊かな自然や旬の味覚、楽しい公園の魅力を体験してもらおうと広くPR活動を展開しています。子どもも大人も楽しめる楽しい催しや見所がいっぱいなので、是非家族で秋の淡路島へ出かけてみませんか。

「秋の淡路島 公園へ行こう」キャンペーンのページ

2018年度開催実績

第1回(2018年6月28日)

「観光(インバウンド)は地方創生の切り札になり得るか」

講師:村橋克則氏

一般社団法人せとうち観光推進機構(せとうちDMO)事業本部長

瀬戸内の中の淡路という観点から観光振興や地域活性化について何が必要なのかをお話していただき、後半は各施設の夏のイベントについてのお知らせやインバウンドに対しての取組や対応について意見交換を行いました。

2017年度開催実績

第1回(2017年5月9日)

「強みを活かした地域課題解決への貢献」

講師:粕谷朋美氏

神姫バス株式会社事業戦略部事業戦略課

海、食、花など淡路の魅力をどのように伝えていくのか、バスの広告なども使って旅行商品のメインとなるものやバスと他の交通手段との組み合わせなど新しい取組についてお話していただいた後で、各施設で予定している夏のイベントについての情報提供やフラワーリングバスの運行について参加者による意見交換が行われました。

第2回(2017年10月26日)

「観光まちづくり~観光による地域活性化から(岐阜県の事例から)」

講師:古田菜穂子氏

岐阜県観光国際戦略アドバイザー

(公財)岐阜県教育文化財団文化芸術アドバイザー

山形県海外戦略アドバイザー

地域の隠された魅力的なものを見つけ新たな観光資源として国内外へ発信している岐阜県での外国人観光客誘致に向けての取組や戦略についてお話をしていただき、後半は各施設で行われた夏のイベントについての報告や意見交換が行われました。

第3回(2017年12月26日)

「ネットワークとまちづくり」

講師:角野幸博氏

関西学院大学教授

ネットワークの総合的な意味を考え、「誰と」「どこと」ネットワークを組めばそれぞれの場所や施設全体の魅力が効果的に高まっていくのかを話していただいた後、各施設の特色や施設間を結ぶ春のフラワーリングバスの運行について意見交換が行われました。

第4回(2018年3月20日)

「淡路島の南北連携で取り組む観光対策」

淡路島内へ人を呼び込むためのターゲットへのアプローチや宿泊者をいかに増やしていくか、また、増え続けている外国人観光客への対応策などについて各施設の取組や課題について意見交換が行われ、また、観光シーズンに発生する交通渋滞への対応について話し合われました。

2016年度開催実績

第1回(2016年11月29日)

「ブランドの創り方打ち上げ花火に終わらない方法」

講師:首藤明敏氏

明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授

株式会社博報堂コンサルティング取締役フェロー

淡路島の魅力、ブランドを創り発信していくために必要なネットワークの充実をはかり、淡路島の玄関口である北淡路へいかに人を呼び込むかについて、講師の先生を交えて参加者全員で意見交換を行いました。

第2回(2016年12月20日)

「新たな地域づくりの世界」

講師:金岡省吾氏

富山大学地域連携推進機構教授/副機構長、地域連携戦略室長、大学院芸術文化学研究科専任教員

地域活性化に大切な地域創生の核となるもの、それを支える人材をつくることを淡路でどのように結びつけていくかということをお話していただいた後に、参加者による北淡路へ人を呼び込むためのターゲットや島内にある各施設間の交通手段や情報提供、取組について意見交換を行いました。

第3回(2017年3月22日)

「地域活性化を”観光”の視点から考える」

講師:吉田郁生氏

WILLER株式会社

観光地域づくりを実現するための組織づくりや戦略について他府県で行われている活動事例をお話していたただいた後に、参加者による来年度に向けての事業計画や連携戦略プランについて意見交換を行いました。

【北淡路花緑ネットワーク会議事務局】

兵庫県県土整備部まちづくり局公園緑地課特定プロジェクト班

兵庫県立淡路景観園芸学校

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局公園緑地課 特定プロジェクト班

電話:078-362-9309

FAX:078-362-4454

Eメール:kouenryokuchika@pref.hyogo.lg.jp