ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 尼崎21世紀の森 > 尼崎の森中央緑地

ここから本文です。

更新日:2016年7月11日

尼崎の森中央緑地

尼崎21世紀の森構想のリーディングプロジェクトとして平成18年5月に一部開園(6.6ha)した「尼崎の森中央緑地」(約29ha)。その全体像を明らかにしている「尼崎の森中央緑地基本計画(平成16年1月策定)」の紹介や生物多様性に配慮した参画と協働による郷土の森づくりの取組について紹介しています。

尼崎の森中央緑地

参画と協働の森づくり

参画と協働の森づくり

尼崎21世紀の森構想」の対象地域は、国道43号以南の1,000haを対象としていますが、「森と水と人が共生する環境創造のまち」を最も演出できるエリアとして、「尼崎の森中央緑地」(約29ha)を先導整備地区に位置づけ、その全体像を明らかにするため「尼崎の森中央緑地基本計画」を平成16年1月に策定しました。


平成17年度には、地域の気候風土に根ざした原生植生や二次植生による緑地づくりをめざして、植栽の専門家による「尼崎の森中央緑地植栽計画検討会」を設置し、指針となる植栽計画を策定しました。

平成18年度からは、植栽計画推進のために尼崎の森中央緑地植栽計画推進会議を設置しています。

その後、平成26年12月から平成27年2月にわたり「尼崎の森中央緑地整備計画検討委員会」を2回開催し、平成27年3月に尼崎の森中央緑地整備計画をとりまとめました。

 

また、尼崎の森中央緑地は、県民の参画と協働によって森づくりを進めていくこととしており、中央緑地に植える苗木の育成や植栽などを市民活動組織「アマフォレストの会」をはじめとする多くの県民、企業等と一緒に進めています。今後は、さらに多くの県民、企業等が生物多様性に配慮した郷土の森づくりに関わっていただけるような仕組みづくりを進めます。

 

◆尼崎の森中央緑地基本計画及び植栽計画

1.尼崎の森中央緑地基本計画資料 (平成16年1月)

2.尼崎の森中央緑地植栽計画資料(PDFファイル/2,669KB)(平成18年3月)

◆尼崎の森中央緑地整備計画(平成27年3月)

1.尼崎の森中央緑地整備計画(本編)(PDF:5,684KB)

2.尼崎の森中央緑地整備計画(参考資料)(PDF:4,922KB)

尼崎の森中央緑地の森づくり

尼崎の森中央緑地の森づくり活動にあなたも参加しませんか。詳しくは下記を参照ください。

尼崎の森中央緑地で森づくりの仲間になろう

尼崎の森中央緑地へのアクセス

尼崎の森中央緑地へのアクセスは阪神出屋敷駅から阪神バスが運行していますので、是非バスでお越しください。

尼崎臨海地域では、環境にやさしいまちづくりをすすめています。

(尼崎の森中央緑地へは、次の阪神バス時刻表をクリックして、阪神出屋敷を選択して検索ボタンを押して下さい。)


阪神バス時刻表(外部サイトへリンク)

公園利用のルール

みんなが気持ちよく公園をご利用いただくために守っていただきたいお願いです。
公園利用のルール(外部サイトへリンク)

 

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局公園緑地課

電話:078-362-9308

FAX:078-362-4454

Eメール:kouenryokuchika@pref.hyogo.lg.jp