ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 公園 > タイ国際園芸博覧会「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック2011」への京都・大阪・兵庫3府県共同支援

ここから本文です。

更新日:2011年10月11日

タイ国際園芸博覧会「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック2011」への京都・大阪・兵庫3府県共同支援

タイ(チェンマイ)で2011年11月から2012年2月に開催される、国際園芸博覧会「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック2011」において、2006年に同じ会場で開催された博覧会に京都・大阪・兵庫の三府県で共同出展した日本庭園のリニューアルを行います。今回も三府県が共同で行うこととし、民間団体、関係団体から寄付を募って支援します。

タイ国際園芸博覧会「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック2011」への京都・大阪・兵庫3府県共同支援

三府県庭園 鳥瞰図

1 支援趣旨
 タイ王国とは、阪神・淡路大震災の際に多大な支援を頂いて以来、淡路花博ジャパンフローラに出展して頂き、2004年のスマトラ島沖地震時には、創造的復興の取り組み等についてアドバイスするなど、交流関係が築き上げられています。

 本庭園は5年前にタイ政府に寄贈したものですが、タイ政府より日本庭園の技能を用いたリニューアルへの支援要請があったことから、地球温暖化防止対策の重要性を広く訴えるという博覧会のテーマに賛同するとともに、今回の東日本大震災への医薬品など多大な支援への感謝の意を表し、日本の元気な姿をアピールします。

2 支援内容
 現地に造園技術者を派遣し、破損箇所の補修、樹木の剪定など国際博覧会にふさわしい庭園となるように日本庭園の技能を用いてリニューアルします。

3 施工
(社)兵庫県造園建設業協会

4 寄付を頂いた団体
 (社)日本造園建設業協会近畿総支部、(社)京都府造園建設業協会、(社)兵庫県造園建設業協会、(財)淡路島くにうみ協会

5 費用
 約2,500千円

6 主体
 タイ王国国際園芸博覧会「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック2011」京都・大阪・兵庫三府県共同支援実行委員会

参考:タイ王国国際園芸博覧会の概要

名称:

 タイ王国国際園芸博覧会「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック2011」

テーマ:

 Greenitude: Reducing Global Warming to Save Planet Earth and to Improve the Quality of Life
 (園芸の発展を通じた地球温暖化の防止と生活の質の向上)

目的:

 国王陛下84歳、王妃陛下80歳、ワチラロンコン皇太子殿下60歳のお祝い

会期:

 2011年11月9日~2012年2月15日(99日間)

開催地:

 タイ王国チェンマイ市(2006年国際園芸博覧会会場跡地および隣接地)

主催:

 タイ王国農業・協同組合省

分類:

 A類2・B類1(ジャパンフローラ2000(淡路花博)と同じ分類)

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局公園緑地課

電話:078-362-9308

FAX:078-362-4454

Eメール:kouenryokuchika@pref.hyogo.lg.jp