ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅 > ひょうごあんしん既存住宅表示制度

ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

ひょうごあんしん既存住宅表示制度

一戸建ての既存住宅について、建物状況調査(インスペクション)により、「ひょうご住まいづくり協議会」が定める「ひょうごインスペクション」の基準に適合している場合に、「ひょうごあんしん既存住宅」として当該住宅の販売広告などにその表示を行うことができる制度を創設しました。

ひょうごインスペクションとは

国が定める既存住宅状況調査方法基準(平成29年国土交通省告示第82号)をベースに、以下の基準と既存住宅売買瑕疵保険の検査基準について確かめたものを「ひょうごインスペクション」と呼び、詳細の検査方法も定めています。

  1. 主要な構造部材の耐久性:構造耐力上主要な部分に著しい劣化等の有無。
  2. 屋根・外壁等の防水性能:雨漏り又は水漏れ等の有無。
  3. 給排水設備の基本性能:排水の滞留及び水漏れ等の有無。
  4. しろあり被害:しろありの被害の有無。
  5. 耐震性能:現行の建築基準法の規定に適合する耐震性の有無。

ひょうごインスペクションを実施する登録検査法人は、別途「インスペクション普及支援事業」によるインスペクションの実施に関する補助を受けることができます。

ひょうごあんしん既存住宅とは

「ひょうごインスペクション」を実施した結果、基準に適合しているものを「ひょうごあんしん既存住宅」として、売買に関する広告等に、その印を表示することができます。

一戸建ての既存住宅を売買する際に、「ひょうごインスペクション」に適合している住宅で、不動産広告などにこのマークを表示したい場合は、ひょうご住まいづくり協議会が登録した「登録検査法人」への申請が必要です。

マーク見本

  • 事業スキーム

制度スキーム

登録検査法人の募集

「ひょうごあんしん既存住宅」の表示を行うための「ひょうごインスペクション」を行う検査法人として、登録する事業者を公募しています。

既に登録されている検査法人は、以下のリンクにある表をご覧ください。

登録検査法人一覧表(PDF:6KB)

3.「ひょうごあんしん既存住宅」に関する検査法人の登録

国が定めるインスペクションの基準として、既存住宅状況調査方法基準(平成29年国土交通省告示第82号)をベースに、以下の内容を確かめるものを「ひょうごインスペクション」と呼び、詳細の検査方法も定めています。

  1. 主要な構造部材の耐久性:構造耐力上主要な部分に著しい劣化等の有無。
  2. 屋根・外壁等の防水性能:雨漏り又は水漏れ等の有無。
  3. 給排水設備の基本性能:排水の滞留及び水漏れ等の有無。
  4. しろあり被害:しろありの被害の有無。
  5. 耐震性能:現行の建築基準法の規定に適合する耐震性の有無。

登録に関する申請書類等

表示に関する申請書類

表示等を行うには、以下の様式を記入して登録検査法人へ提出してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局住宅政策課 住宅政策班(企画調整担当)

電話:078-362-3581

内線:4638

FAX:078-362-9458

Eメール:jutakuseisaku@pref.hyogo.lg.jp