ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅 > 空き家対策の推進

ここから本文です。

更新日:2016年10月21日

空き家対策の推進

平成20年住宅・土地統計調査によると、兵庫県内の空き家数及び空き家率は増加傾向にあります。空き家の増加は、中古住宅ストックとしての有効活用が図られないばかりか、適正管理されない空き家の放置により、住環境への悪化等の問題が懸念されています。

そのため、学識経験者等による兵庫県住宅審議会と、県と市町等で構成する兵庫県地域住宅政策協議会において、空き家の増加に伴う住宅政策上の課題や取り組みの方向性について、平成24年度から2か年にわたり検討を実施しました。

平成27年2月からは、業界団体が中心となり、空き家の管理・活用・解体等の相談に応じる「空き家総合相談窓口」を設置しています。

また、中古住宅の流通を促進するため、建築士等の第三者によるインスペクション(建物検査)の普及・啓発に取り組んでいます。

兵庫県住宅審議会の空き家対策にかかる提言について

兵庫県住宅審議会に設置された空き家対策にかかる検討小委員会により、主に中古住宅流通と空き家の活用に主眼をおいた検討が行われ、平成26年2月に、5つの視点と8つの提言としてまとめられました。

空き家対策にかかる提言(PDF:22KB)

兵庫県地域住宅政策協議会の空き家対策ガイドラインについて

兵庫県地域住宅政策協議会に設置された空き家対策検討会により、主に空き家の適正管理・除却に主眼をおいた検討が行われ、平成26年2月に、標準条例(案)等を盛り込んだ市町の取り組みの指針となる「空き家対策ガイドライン」としてまとめられました。

データ容量が大きいため、分割して掲載しております。

空き家対策ガイドライン本編

はじめに
目次
概要
第1県内の空き家の実態等
第2空き家対策の課題
空き家対策ガイドライン本編(1)(PDF:3,010KB)

第3空き家対策
1.中古住宅の流通
2.空き家の活用
3.適正管理・除却
(1)空き家実態調査
(2)所有者の特定
(3)既存法令及び条例・独自補助制度等の活用事例と留意点

空き家対策ガイドライン本編(2)(PDF:9,646KB)

(4)適正管理・除却に関する標準条例案
(5)その他取組実施上留意すべき事項
4.今後も検討が必要な事項

空き家対策ガイドライン本編(3)(PDF:6,439KB)

 

空き家対策ガイドライン参考資料編

1.県内の空き家の実態
(1)県内の人口等の推移と空き家の状況
(2)空き家所有者等の意向
(3)市町における空き家問題の発生状況
2.空き家対策における基本的な考え方
(1)空き家の分類と検討対象とする空き家
(2)空き家対策に関する県と市町の役割分担
(3)空き家対策の分類
(4)空き家対策検討の流れ
3.県内市町の空き家の適正管理に向けた取組状況
(1)市町の空き家対策に関するアンケート結果
(2)県内市町の空き家の再生・活用にかかる取組
(3)県内市町条例

空き家対策ガイドライン参考資料編(1)(PDF:8,330KB)

4.国及び他県での空き家対策の取組状況
(1)空き家対策に係る国の関連資料
(2)国の支援策一覧
(3)全国の空き家条例の策定状況
(4)山形県「空き家対策に係る対応方針」

空き家対策ガイドライン参考資料編(2)(PDF:4,339KB)

5.兵庫県地域住宅政策協議会空き家対策検討会での検討
(1)空き家対策検討会における検討経緯
(2)県外先進事例調査報告書

空き家対策ガイドライン参考資料編(3)(PDF:5,353KB)

(3)兵庫県地域住宅政策協議会平成24年度講演会記録
(4)兵庫県地域住宅政策協議会空き家対策検討会参加機関

空き家対策ガイドライン参考資料編(4)(PDF:8,285KB)

6.兵庫県住宅審議会空き家対策にかかる検討小委員会での検討
(1)空き家対策にかかる検討小委員会における検討経緯
(2)空き家対策にかかる提言
7.その他
(1)既存法令に基づく対応フロー
(2)固定資産税課税標準特例措置に関する法及び要綱

空き家対策ガイドライン参考資料編(5)(PDF:6,693KB)

インスペクション(建物検査)について

安全・安心で良質な中古住宅の流通を促進するため、建築士等の第三者によるインスペクション(建物検査)を行う団体に対して、先進的モデルとしてその活動経費の一部を支援する「インスペクション普及支援事業」を実施し、その普及・啓発を図っています。

平成28年度については、今後実施団体を募集する予定です。また、採択された団体が行うインスペクションについては、その利用料金が引き下げられる予定です。

【平成27年度実績】
実施団体:兵庫既存住宅活性協議会
利用料金:29,800円(税抜き、125平方メート未満の戸建て、通常料金49,800円)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局住宅政策課 住宅政策班

電話:078-341-7711

内線:4636

FAX:078-362-9458

Eメール:jutakuseisaku@pref.hyogo.lg.jp