ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅 > ニュータウン再生コーディネーター派遣事業

ここから本文です。

更新日:2016年10月21日

ニュータウン再生コーディネーター派遣事業

 近年の人口減少や少子・高齢化の進展により、大規模住宅団地(以下「ニュータウン」という。)でのコミュニティの衰退が懸念されています。特に昭和40年代頃に開発されたニュータウンでは、住宅や施設の老朽化や地域活動の担い手不足などの問題が生じていることから、これからの地域の住まい方にあったニュータウン再生が必要です。
兵庫県では、地域の様々な課題に対する自主的な取組を進めていただくため、ニュータウン再生に向けた取組を検討する地域団体等に対し、専門家を派遣します。

対象団地

 本事業の対象となる団地は、次のいずれかの要件を満たすものとします。

 (1) 次の条件をすべて満たす団地
ア 一定の規模(概ね1,000戸又は3,000人)以上で計画されたものであること。
イ 入居開始から概ね30年以上経過していること。
ウ 人口減少又は高齢化が周辺地区に比べて顕著であること。
エ 市町が団地再生に向けた基本方針を定めていること。
オ 政令市及び中核市を除く区域に存すること。
(2) (1)のほか、団地や市町の状況を勘案し、知事が必要と認める団地

  <参考>想定される団地の例
緑が丘(三木市)、自由が丘(三木市)、多田グリーンハイツ(川西市)、
大和団地(川西市)、清和台(川西市)、藤ヶ丘(川西市)、萩原台(川西市)、
阪急日生ニュータウン(川西市・猪名川町)、つつじが丘(三田市)、
北摂三田フラワータウン(三田市)、上郡ネオポリス(上郡町)      など

 コーディネーターの役割

  • (例)ニュータウン再生に向けた取組について地域住民の合意形成を図るためのお手伝い
  • (例)ニュータウン再生の取組を実施している全国の先進事例の紹介
  • (例)ニュータウン再生に関する専門的知見からのアドバイス      など

 申請方法

  コーディネーター派遣を希望される場合は、以下の派遣申請書(様式第1号)等に必要事項を記入いただき、市役所又は町役場へ申込みを行ってください。

 ニュータウン再生コーディネーターの募集

 上記コーディネーターとして、ニュータウン再生に向けた機運の醸成や地域住民の合意形成について助言・援助を行う方を募集します。

 <対象>
団地再生についての専門知識及び地域住民や民間事業者等が行うまちづくり活動への支援に関する実績を有する者で、次のいずれかに該当する者
(1) 地域再生・都市計画等の学識経験者
(2) 技術士(建設部門(都市及び地方計画)に限る。)、RCCM(都市計画及び地方計画部門に限る。)、
一級建築士、再開発プランナー等団地再生に関する専門的な資格を有する者
(3) (1)(2)に掲げる者と同等の知見を有するものとして県が認める者

 <登録方法>
登録を希望される場合は、以下の登録申請書に必要事項を記入いただき、県住宅政策課へ直接提出してください。  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局住宅政策課 住宅政策班

電話:078-341-7711

内線:4844

FAX:078-362-9458

Eメール:jutakuseisaku@pref.hyogo.lg.jp