ホーム > まちづくり・環境 > 住宅・建築・開発・土地 > 住宅 > 分譲マンション管理の適正化について

ここから本文です。

更新日:2016年10月21日

分譲マンション管理の適正化について

県内に約38万戸程度存在する分譲マンションは、昭和40年代後半から大量に供給され、重要な居住形態として今後とも増加することが予想されます。また、多数の区分所有者が居住する特殊性から管理面・大規模修繕・建替え等の問題が発生しています。

これらのことに対処するため、国においては「マンション管理の適正化の推進に関する法律」等の法整備が行われ、県においては、相談窓口として「ひょうご住まいサポートセンター」を設置運営、市町と共同でマンション居住者に対して「マンション管理基礎セミナー」を開催、市町との連携を図るため「マンション問題連絡会議」を開催するなど分譲マンションに対する施策を推進しています。

お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局住宅政策課 住宅政策班

電話:078-341-7711

内線:4845

FAX:078-362-9458

Eメール:jutakuseisaku@pref.hyogo.lg.jp