ホーム > 地域・交流・観光 > 観光・レジャー > スポーツ・レジャー > 神戸マラソンの開催応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2016年8月9日

神戸マラソンの開催応援プロジェクト                                                 ~みんなで神戸マラソンを盛り上げよう~

神戸マラソンは、阪神・淡路大震災以降、ご支援していただいた国内外の人々への感謝の気持ちの表明と、兵庫・神戸に来訪する全ての人々が仲間であるという考えに基づき、「感謝と友情」という大会テーマのもと、震災復興のシンボルとして平成23年度から大会を開催しています。大会当日は60万人を超える応援者により大会を盛り上げていただいていますが、さらに大会を盛り上げるため、皆様の寄附を活用させていただきます。

阪神・淡路大震災からの復興を支援していただいた人々や地域へ「感謝」の気持ちを伝えるとともに、国内外からお越しの皆さんをおもてなしの心で迎え「友情」の輪を広げるため、ランナーだけでなくボランティアや沿道から応援していただく大勢の方の協力がぜひ必要です。自分のためだけでなく、被災された国内外の人々のためにも走るランナーを勇気づけるため、応援していただく方に応援グッズを配布し、皆様方には大会が盛り上がるようにご寄附をお願いします。

なお、本プロジェクトにご賛同いただき、1度に5千円以上のご寄附をいただいた方には、神戸マラソンオリジナルトートバッグを1点差し上げます。

寄附金の手続きに関することについては、ふるさとひょうご寄附金のページをご覧ください。

※寄附金をご持参される場合は、お手数ですが事前に下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

トートバック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタート

神戸市役所前のスタート地点。

2万人のランナーが駆け出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り返し

明石海峡大橋付近の折り返し地点。

神戸を代表するこの景色はランナーに元気を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援グッズを持つこどもたち

  応援グッズを使った沿道からの声援①。

メガホンやスティックバルーンの応援グッズを使った絶え間ない声援は、神戸マラソンの高い完走率に繋がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 ひまわりの手袋を着用して応援応援グッズを使った沿道からの声援②。

震災復興の象徴「ひまわり」をイメージした“ひまわりの手袋”を着用しての応援は、大会テーマである「感謝と友情」を表しています。

 

 

 

 

 

 

 

ゴールポートアイランド内のフィニッシュ地点。

笑顔で手をあげる人、こらえきれずに涙する人、うれしさのあまり抱き合う人、フィニッシュの瞬間は“する・みる・ささえる”人々に勇気と感動を与えます。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:教育委員会事務局 スポーツ振興課

電話:078-362-9446

FAX:078-362-3959

Eメール:sports_shinko@pref.hyogo.lg.jp