ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 地域医療連携システム「北はりま絆ネット」専用ホームページを開設しています

ここから本文です。

更新日:2014年8月4日

地域医療連携システム「北はりま絆ネット」専用ホームページを開設しています


「北はりま絆ネット」専用ホームページへ(外部サイトへリンク)

   「北はりま絆ネット」は平成23年12月から試験運用を開始し、平成25年10月に開設した北播磨総合医療センターと多可赤十字病院が情報公開病院として加入し、全面実施となっています。

  

「北はりま絆ネット」の概要

絆ネット                                                               

  電子カルテを導入している病院が保有する患者さんの診療情報を、ご本人の同意の下、安全性に十分配慮しながら関係する医療機関で共有する、県民局単位では初となるシステムです。これにより、治療経過を一連の病歴として瞬時に把握することができ、より良質な継続的医療の提供が可能になります。

(患者さんのメリット)
1 検査や処方の重複の不安がなく安心です。
2 転院や在宅療養になった時に適切な医療サービスが受けられます。

 (医療機関のメリット)
1 診療情報を共有し、リアルタイムで把握できるので質の高い診療行為を提供できます。
2 高度医療機器(CT、MRIなど)のデータが活用でき、地域医療全体のスキルアップができます。

 (介護老人保健施設のメリット)
要介護者の医療情報が把握できるので、転院時に適切な処置ができます。

 

お問い合わせ

部署名:北播磨県民局 加東健康福祉事務所

電話:0795-42-6948

FAX:0795-42-4050

Eメール:katokf@pref.hyogo.lg.jp