ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材利用促進 > 北播磨産木材を活用した製品開発事業者の募集

ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

北播磨産木材を活用した製品開発事業者の募集

北播磨地域は県内で最も古い林業地といわれており、また、県内有数のヒノキの産地となっています。

しかし、大径木化したは木材は製材に不利であることから利活用されず、いまなお多くの資源が残っています。

そこで北播磨県民局では、多くの方に北播磨産木材(ヒノキ)を知ってもらい、木材利用の推進を図るため、製品開発の支援を行っています。

ついては、木材産業に携わる事業者を対象に以下のとおり製品開発事業者(以下、事業者という。)を公募します。

なお、本事業の事務局はNPO法人サウンドウッズ(外部サイトへリンク)に委託していますので、詳細についてはホームページをご覧ください。

bassai seizai

       【チェーンソーによる伐採の様子】                   【製材作業の様子】

1.事業概要

目的

 本事業は、事業者と木材供給者である北播磨地域の林業関係者が連携し、製品開発を通して木材の魅力を広く県民に伝えるとともに木材利用の推進を図ることを目的としています。

支援内容

 本事業の支援は事務局から派遣されるコンサルタント費用、試作品製作の為に必要な北播磨産木材の提供(上限あり)、製品のPRのために作成するパンフレットのデザイン費・印刷費等となります。

 製品開発にかかる費用等は支援の対象となりませんのでご注意ください。

事業者の業務

 本事業は、「事業者の採択」と「実施計画書の承認」の二段階の手続きを経て開始となります。

 事業者は採択決定後に実施計画書を策定し、計画書に基づきワークショップ等を開催することで製品開発を行います。

製品開発の対象となる木材製品

 本事業の開発の対象となる木材製品は、次のとおりです。

 (1) 建築物の内外装材等の建材

 (2) 家具什器

 (3) 玩具または木工教材

 (4) (1)~(3)に類似するものとして委員会が認めるもの

成果品の公開

 本事業は製品開発を通して県民に北播磨産木材を広くPRするため、パンフレットやWEBサイト等に製品の情報を公開することがあります。

 

2.応募の概要

応募要件

 本事業は次に挙げる事業者のうち、事業を確実に遂行できる体制と能力を有するものとします。

 (1) 北播磨産木材の利用拡大に努める意志があること。

 (2) 北播磨産木材の利用拡大の取り組みに対し、将来にわたる継続性、発展性を有すること。

 (3) 本事業で得た開発製品の成果の公表に協力すること。

応募方法

 応募については「製品開発事業者募集要領(PDF:433KB)」に記載のとおりですので、必ず一読のうえお願いします。

応募先及び問い合わせ

 本事業にかかる応募先及び問い合わせについては、事務局であるNPO法人サウンドウッズ(外部サイトへリンク)へお願いします。

募集スケジュール

項 目

時 期

質疑受付

9月2日(月曜日)~10日(火曜日)17時00分

質疑回答

9月13日(金曜日)まで

応募申請書受付期間

9月17日(火曜日)~30日(月曜日)17時00分必着

応募申請書審査

10月4日(金曜日)~7日(月曜日)まで

採択候補者決定通知

10月8日(火曜日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:北播磨県民局 加東農林振興事務所

電話:0795-42-9429

FAX:0795-42-7232

Eメール:katonorin@pref.hyogo.lg.jp