ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 防災対策 > (北播磨地域)大池川砂防えん堤の完成

ここから本文です。

更新日:2015年9月11日

(北播磨地域)大池川砂防えん堤の完成

大池川は、一級河川加古川の小支川である下里川に流れる土石流危険渓流であり、土石流が発生すると下流の人家20戸、公共施設である加西市立加西特別支援学校、加西市立下里小学校(災害時の避難場所)、加西市立防園(多機能型障害福祉サービス事業所)への被害が想定されています。

このため、土石流からの被害を防ぐ目的で、平成24年度から不透過型のえん堤1基(H="9.0" W=147.0m)と渓流保全工(L=157.0m)の整備を進めており、この度、この内の砂防えん堤が完成しました。なお、渓流保全工は9月に発注し、来年3月末完成予定です。

施設概要

  • 位置:加西市西笠原町(大池川位置図(PDF:92KB)
  • 事業年度:平成24年度から平成27年度(平成28年3月完成予定)
  • 工事概要:【本堤】高さH="9.0m、堤長L=147m 【渓流保全工】延長L=157m"
  • 大池川砂防えん堤の完成写真

 完成写真

(参考)小学生に砂防事業を紹介!

県の砂防事業を理解してもらうための取組みの一環として、大池川砂防えん堤の下流に位置する加西市立下里小学校の全校生徒181名を対象に、砂防事業の説明および大池川砂防えん堤の現場見学会を開催しました。

  1. 実施日時 平成27年7月15日(水曜日)13時30分~14時30分
  2. 実施場所 加西市西笠原町(加西市立特別支援学校体育館及びえん堤工事現場内)
  3. 実施内容 (1)砂防ってなぁーに「土砂災害から命と暮らしを守る砂防」(2)工事現場見学
  4. 対象 加西市立下里小学校 全校生徒181名
  5. タイムスケジュール(低学年86名(1~3年生)と高学年95名(4~6年生)に分かれて実施)

低学年の部

高学年の部

13時30分~

13時40分

(10分)

(1)砂防ってなぁーに「土砂災害から命と暮らしを守る砂防」

(体育館で砂防に関する説明)

 

 

13時40分~

13時45分

(5分)

移動

(体育館から工事現場内へ)

13時40分~

13時50分

(10分)

(1)砂防ってなぁーに「土砂災害から命と暮らしを守る砂防」

(体育館で砂防に関する説明)

13時45分~

14時05分

(20分)

(2)工事現場見学

13時50分~

13時55分

(5分)

移動

(体育館から工事現場内へ)

14時05分~

14時15分

(10分)

各クラス毎に現場で記念撮影

 

13時55分~

14時15分

(20分)

(2)工事現場見学

14時15分

全校生徒記念撮影

14時20分

終了

14時20分~

14時30分

(10分)

各クラス毎に現場で記念撮影

終了

当日の様子

台風11号および台風12号の影響が心配されましたが、当日は梅雨が明けたかのような快晴。体育館で砂防について説明を聞いた生徒たちは、大池川砂防えん堤の工事現場で工事担当者と現場監督員よる工事の説明を聞いたあと砂防えん堤の見学をし、最後は砂防えん堤の前で全校生徒と先生で写真を撮りました。

砂防について説明 現場見学の様子 全校生徒写真 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:北播磨県民局 加東土木事務所

電話:0795-42-9382

FAX:0795-42-5137

Eメール:katodoboku@pref.hyogo.lg.jp