ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 廃棄物・リサイクル > 登録番号第12号

ここから本文です。

更新日:2009年12月24日

登録番号第12号

取組内容

食品廃棄物の土壌改良材としての利用

取組主体

株式会社 トーホー

取組実施場所

神戸市垂水区本多聞1-561-1、明石市二見町東二見391-3

取組開始年月

平成15年12月

先導生の区分

利活用システム

ホームページ

http://www.to-ho.co.jp/(外部サイトへリンク)

取組の概要

【取組の概要】
 自社のスーパーマーケットから発生する、加工残さや規格外品などの食品廃棄物を店舗に設置してある生ごみ処理機で乾燥し、神戸市西区にある兵庫楽農生活センター内の農場などで土壌改良材として利用している。
 栽培された農産物については、自社のスーパーマーケットや兵庫楽農生活センターの直売所で販売。その内、スーパーマーケットで販売される農産物の加工残さ等は、再び生ごみ処理機で処理され、土壌改良材として循環利用が図られている。

【主な設備】
 生ごみ処理機(2台)処理能力:100kg/回、60kg/回

【経済効果】
 廃棄物処理に要する経費として、約108万円/年
 生ごみ処理機導入により、約30万円/年削減できる

【その他特記事項】
 兵庫楽農生活センター内の畑において、消費者や野外活動の機会が少ない障害者等を対象に、農作業体験の学習を行っている。

利活用バイオマスの種類と製品等について

生ごみ処理機

利活用バイオマスの種類と量等

種類

利活用量

利活用方法

(年間)

食品廃棄物

8t/年

土壌改良材




製品又はエネルギー量

製品等の種類

製品量/エネルギー

生産量

土壌改良材

3t/年

土壌改良材

栽培風景(兵庫楽農生活センター内)


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9213

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp