ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 廃棄物・リサイクル > 登録番号第18号

ここから本文です。

更新日:2011年1月21日

登録番号第18号

取組内容

食品廃棄物の飼料化(養豚用)

取組主体

エコフィード循環事業協同組合

取組実施場所

加西市網引町2001-54 加西南産業団地3-C

取組開始年月

平成20年10月

先導生の区分

利活用技術、地域での取組

ホームページ

http://www.eco-feed.org/(外部サイトへリンク)

取組の概要

【取組の経過】
  平成11年より食品廃棄物の家畜飼料(エコフィード)化に向けた取組みを開始。
  平成13年より兵庫県立農林水産技術総合センター畜産技術センターとエコフィードの開発に向け協同研究を開始。
 平成14年、15年に、兵庫県の事業(循環型社会先導プロジェクト推進事業)を活用してビジネスコンソーシアムを立ち上げ、「霜降り豚肉」の製造・販売に向けた技術開発や市場試験等を実施。
 平成17年に経済産業局の事業(連携体構築支援事業)を活用し、消費者の嗜好にあった「霜降り豚肉」を生産販売する循環型事業システムの開発等を実施。
 平成18年より施設整備に向けた取組を実施。
 平成20年10月竣工、取組開始
 平成21年3月 平成20年度「食品リサイクル推進環境大臣賞 最優秀賞」受賞
 
【取組の概要】
 スーパーや食品メーカーから排出される食品廃棄物を分別回収し、廃棄物の種類に応じた乾燥処理を行い、「霜降り豚肉」用のエコフィードを生産する。
 エコフィードは、肥育前期用と後期用の二種類を製造。それぞれ、決められた割合の配合飼料に混ぜて給餌する。
 生産された「霜降り豚肉」は、県内のスーパーでの販売が計画されている。

利活用バイオマスの種類と製品等について

利活用バイオマスの種類と製品

利活用バイオマスの種類と製品

食品廃棄物

製品等の種類

養豚用飼料

エコフィード製造施設(外観)

エコフィード製造施設(内部)


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9213

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp