ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > ブランド化 > ミラノ国際博覧会における兵庫県出展結果の概要

ここから本文です。

更新日:2015年9月3日

ミラノ国際博覧会における兵庫県出展結果の概要

milano2015expo_logo

「Feel Hyogo, the Taste of Japan!(体感!ひょうごの「食」)」の開催テーマのもと、ミラノ国際博覧会の日本館において、メイン展示が「コウノトリ」となったことを絶好の機会として捉え、ひょうごの強みである「農」「食」「観光」が連携し、神戸ビーフ、コウノトリ育むお米等、兵庫が誇る農畜水産物や観光、文化をPRする総合イベントを出展企業・団体と協働で実施し、兵庫の魅力をミラノから全世界に発信し、本県農林水産業の振興や農山漁村の活性化、観光振興につなげた。

開催結果:ミラノ国際博覧会における兵庫県出展総合プロモーション開催結果(PDF:1,955KB)

英訳版→Results of Hyogo's Promotional Activities at Expo Milano 2015(PDF:1,876KB)

ミラノ国際博覧会日本館兵庫県プロモーション(7月16日~7月19日)

ひょうごの世界最高級食材である、神戸ビーフ、淡路島たまねぎ、灘五郷の酒と日本の伝統文化がコラボした兵庫県出展時最大のフ゜ロモーションを実施。18日は知事がトップセールスを実施。

神戸ビーフと淡路島たまねぎを日本料理として味わう「神戸ビーフケーキ丼」の調理実演や日本伝統の「書」の公開揮毫、淡路人形浄瑠璃の公演等を行い、各出展者プロモーションとも好評を博し、ひょうご五国の「農」「食」「観光」の魅力を世界に発信。

(4日間兵庫県プロモーション参加者数:9,500名、参考:日本館来場者数32,000人)

 ミラノ国際博覧会日本館兵庫県プロモーション写真1 ミラノ国際博覧会日本館兵庫県プロモーション写真2

兵庫県主催ミラノ市内プロモーション(7月17日)

食祭ひょうご: Feel Hyogo, the Taste of Japan! 場所:パラッツォ・ピイレッリ

ロンバルディア州議会カッタネオ議長やサドラー欧州青年調理師会会長のほか、欧州のシェフ、メディア、バイヤー等ハイクラスゲストが多数参加のもと、プレミアムプロモーションの実施とともに、知事のトップセールスも展開し、ひょうご五国の「農」「食」「観光」の魅力を発信。(セミナー、商談会:320名、レセプション:410名)

参加された在ミラノ日本国古賀総領事からは、「日本から出展した都道府県で最大最高レベルのプロモーションであり、今後の成果が多い期待される」、また、会場を管理するロンバルディア州政府観光担当からは、「世界クラスの大変素晴らしいプロモーションで、このようなプロモーションが実施できる兵庫県の力に感銘した」との意見頂く。

 兵庫県主催ミラノ市内プロモーション写真1 兵庫県主催ミラノ市内プロモーション写真2

プレイベント「ひょうご食の和プロジェクト」(7月9日~7月10日ミラノ市内リストランテ「ASOLA」)

兵庫県出展前のプレプロモーションとして、ミラノ市内3ツ星レストランで、メディア向けプロモーション、日本人トップシェフの講師による地元シェフ向け料理セミナーを実施し、ひょうご五国の「農」「食」の魅力を発信。 

 プレイベント「ひょうご食の和プロジェクト」写真1 プレイベント「ひょうご食の和プロジェクト」2

関西広域連合のミラノ博共同リレー出展

(7月16日~7月19日ミラノ博日本館イベント広場)

関西広域連合で出展府県市のリレー方式で関西の「農」「食」「観光」の魅力をPR。

 関西広域連合リレー出展

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9213

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp