ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > 食の安全・安心 > 平成29年度環境創造型農業推進フォーラムの開催について

ここから本文です。

更新日:2017年7月5日

平成29年度環境創造型農業推進フォーラムの開催について

兵庫県では、平成4年から環境への負荷軽減に配慮しながら安全安心で、高品質な農産物の生産を目指し、さらに生物多様性の保全や地球温暖化防止等、次世代へ豊かで良好な農村環境を引き継いでいくため、環境創造型農業(人と環境にやさしい農業)を推進しています。現在では、水稲及び野菜作付面積の過半を占めるまで取組が広がるとともに、環境創造型農業の中でも環境への負荷軽減が最も軽い有機農業は、県内での有機農業研修や有機農業塾等の開催回数の増加等にも伴い、栽培面積が着実に増加しています。

このような中、ひょうご農林水産ビジョン2025の実現に向けた環創造型農業のさらなる推進を図るため、環境創造型農業に取り組む必要性や方策を農業者、実需者、消費者等がそれぞれの立場で考え共有し、新たな取組を県民が共創するフォーラムを開催します。

1.テーマ

新しい時代の新しい農業~有機農業が持つ多様な可能性~

2.開催日時

平成29年8月22日(火曜日)13時30分~16時30分

3.場所

兵庫県看護協会ビル2階ハーモニーホール(神戸市中央区下山手通5-6-24)

TEL:078-341-0190

4.主催

兵庫県

5.後援

兵庫県農業協同組合中央会、(一社)兵庫県農業会議、兵庫県消費者団体連絡協議会、神戸市消費者協会、(公社)兵庫県栄養士会、兵庫県有機農業ネットワーク会議

6.内容

(1)基調講演

テーマ:新しい時代の新しい農業~有機農業が持つ多様な可能性~

講師:澤登 早苗 氏(恵泉女学園大学人間社会学部教授、日本有機農業学会会長)

(2)パネルディスカッション

コーディネーター:保田 茂 氏(NPO法人兵庫農漁村社会研究所理事長、神戸大学名誉教授)

パネリスト:

澤登 早苗 氏(恵泉女学園大学人間社会学部教授、日本有機農業学会会長)

谷野 浩 氏(ひょうごの在来種保存会世話人、有機農業者)

橋本 晴生 氏(公益社団法人全日本司厨士協会兵庫県本部理事長、ルミナスクルーズ株式会社常務取締役総料理長)

小泉 亜由美 氏(一般社団法人KOBE FARMER'S MARKET理事)

7.参加申込

定員:300名

参加料:無料

参加方法:事前申込制

(1)インターネットによる申込

(2)開催案内の参加申込書で、FAX、郵便により、お申し込みください。

申込先:兵庫県農政環境部農業改良課「環境創造型農業推進フォーラム担当」

住所:〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

TEL:078-362-9210   FAX:078-341-7733

締切:平成29年8月16日(水曜日) 

申込み多数の場合は、参加をお断りする場合があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局農業改良課

電話:078-362-9210

FAX:078-341-7733

Eメール:nogyokairyo@pref.hyogo.lg.jp