ホーム > 食・農林水産 > 農業 > 農産物 > 農産物の新たな流通システムの構築に向けた取組事例について

ここから本文です。

更新日:2020年1月23日

農産物の新たな流通システムの構築に向けた取組事例について(ひょうご「農」産物NDB構築事業)

   

兵庫県では、県内生産者の農産物を、レストランやホテルなどの実需者にダイレクトに届ける物流の方法や、従来よりも有利に販売できる供給の方法を探るため、様々な立場の主体が協働して行う、新しい流通の取組を支援しました。

これは、生産拡大や販路拡大を目指す生産者のほか、流通業者、飲食業者、IT関連事業者等が一緒になって取り組む流通の仕組みづくりを支援することで、ビジネスモデルとなる新しい流通体制を構築することを目標にしています。実施にあたっては、県内に公募を行い、平成29年から令和元年の3年間で様々な取組を支援しました。

この取組事例について、以下のとおり紹介します。生産者のみなさんや、流通、飲食などに関わるみなさんの新しい「チャレンジ」の参考にお役立てください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局農産園芸課 農産班(流通対策担当)

電話:078-362-3445

FAX:078-362-4092

Eメール:nousanengeika@pref.hyogo.lg.jp