ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材生産 > 県産木材の新たな流通システム

ここから本文です。

更新日:2010年4月15日

県産木材の新たな流通システム

県産木材供給センターの整備推進

新たな木材流通システムの構築をめざして

県産木材の需要を今後さらに飛躍的に拡大させていくためには、「品質・価格・供給力」を備え、外材製品や他県産材製品に対して競争力を発揮できる県産木材供給システムの整備が必要と考えています。

 そこで、川上から川下までが一体となって「新たな県産木材の加工・流通システム」を実現するため、原木の集積から、製材・加工までを一体的に行う大規模拠点施設「県産木材供給センター」の整備を進めています。

 実際の施設整備や事業運営に関しては、民間のノウハウを活かした効率的な運営を行う必要があることから、民間事業者主導で行い、県はこれを支援することとしています。

これまでの経過

平成18年度

 「県産木材供給センター事業化検討委員会」(委員長:鹿児島大学教授 遠藤日雄)を設置し、需要を見越した生産品目や適正な施設規模を示した上で、イニシャルコストを算出し、パターンごとに経営収支予測を行った「県産木材供給センター事業化シミュレーション調査」をまとめる。

平成19年度 

 事業化シミュレーション調査の結果を踏まえつつ、民間事業体から創意工夫と経営意欲のある企画提案を求め、「県産木材供給センター公募選定委員会」において、整備・運営を担う実施事業体の公募・選定を行った。

この結果、県内の林業者等で構成される「協同組合 兵庫県産木材供給センター(仮称)」が平成19年10月に選定された。

選定された事業体が企画提案を基に、施設整備等の事業実施に向けた「事業実施計画」を平成20年2月に作成した。

平成20年度 

 平成20年4月1日に事業協同組合を設立(名称:協同組合兵庫木材センター)

事業実施に向けた体制整備(部会方式による運営体制等)を進め、施設の実施設計を行う。

また、整備地となる宍粟市市有地(山林)を工場用地に造成するため、

宍粟市が工事に着手する(平成21年度まで実施)。

平成21年度

 協同組合が施設整備に着手する(平成22年度完了予定)。

実施事業体に関する情報

 実施事業体である協同組合 兵庫木材センターに関する情報は、別ページ「県産木材供給センター実施事業体に関する情報」を参照してください。

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局林務課

電話:078-362-9224

FAX:078-362-3954

Eメール:rinmuka@pref.hyogo.lg.jp