ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材生産 > 県産木材供給センター実施事業体に関する情報

ここから本文です。

更新日:2010年4月15日

県産木材供給センター実施事業体に関する情報

事業体の構成員

 主に県内の森林組合、素材生産業、木材加工業、木材販売業など21社から構成されている(別紙「協同組合の概要」のとおり)。

原木の安定的な供給から大規模な加工、販売までを協同組合で一貫して行えるよう、構成されている。

これまでの経緯

 平成20年4月1日に、「協同組合 兵庫木材センター」を設立(当初14社)。

うち理事6社が中心となり、協同組合内に4つの部会(素材部会、製材部会、合板部会、販売部会)を設け、運営体制を整備している。

さらに、原木供給と製品販売の体制強化を図るため、構成員の増強を図る(合計21社)。

また、協同組合の事業主旨が林業と商工業の連携で実施されることから、中小企業庁が進めている「農商工連携事業計画」の認定を受けた(平成21年2月23日)。

整備内容

施設完成予想図

 平成20年2月に作成され、平成21年3月に変更された「協同組合兵庫木材センター事業計画書」の概要については、別紙「事業計画の概要」を参照してください。

関連メニュー

県産木材供給センター実施事業体に関する情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局林務課

電話:078-362-9224

FAX:078-362-3954

Eメール:rinmuka@pref.hyogo.lg.jp