ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材利用促進 > 間伐ってなに

ここから本文です。

更新日:2016年1月6日

間伐ってなに

Q)間伐ってなに?

A)間伐とは、人が植えた林が茂りすぎるのを防ぐために、間引いて切る作業のことをいいます。

間伐は必要か?

写真:間伐していない山

間伐していない山

左の写真を見て下さい。
適切な間伐が行われないと、木がやせ細り、山が暗く、木のほかに地面に草木が生えにくいという状況を引き起こし、ひいては、雨が降ったときに表面の土砂が流れやすくなります。

間伐を行うと・・・

写真:間伐を実施した山

間伐を実施した山

次に、左の写真を見て下さい。

間伐を行うと、木は大きく育つ上に地面に草木が生えてくるため、表土が守られます。また、林内が明るくなるためいろんな生きものが住めるようになります。

また、丸太筋工として間伐した木を斜面の方向に並べることで、表土が流れにくくしています。本県では、表土が流れ出そうな森林を間伐する場合、この手法をとります。

間伐について、もっと詳しく知りたい方は林野庁のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局治山課

電話:078-362-3471

FAX:078-362-3952

Eメール:chisanka@pref.hyogo.lg.jp