ホーム > 食・農林水産 > 環境整備 > 森林 > 森林国営保険が平成27年4月から森林保険として独立行政法人森林総合研究所に移管されました

ここから本文です。

更新日:2017年1月31日

森林国営保険が平成27年4月から森林保険として独立行政法人森林総合研究所に移管されました

林業経営の安定等に資するため、政府が保険者となり森林国営保険法に基づき、森林の火災等による損害を填補する森林保険事業について、「森林国営保険法」を一部改正し、新たに「森林保険法」として平成26年4月16日に公布され、平成27年4月1日から独立行政法人森林総合研究所に移管されました。

移管時点で有効な現契約であれば、森林総合研究所に自動的に引き継がれていますので、加入者の方で必要な変更手続きはありません。また、現契約の補償内容にも変更はございません。

森林保険は、森林所有者自らが突然の災害に備える唯一のセーフティネットであり、重要な保険です。移管後も、法律に基づいて国がしっかりと関与していくこととしておりますので、引き続き、森林保険をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

詳しくは林野庁ホームページ(外部サイトへリンク)へ。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局森林保全室

電話:078-362-3474

FAX:078-362-3954

Eメール:shinrinhozen@pref.hyogo.lg.jp