ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 大気環境 > 「風力発電設備に関する騒音規制のあり方について(骨子案)」に関する県民意見提出(パブリック・コメント)手続きの実施結果

ここから本文です。

更新日:2020年1月21日

「風力発電設備に関する騒音規制のあり方について(骨子案)」に関する県民意見提出(パブリック・コメント)手続きの実施結果

兵庫県では、「環境の保全と創造に関する条例」により風力発電設備の騒音規制を行っています。近年、設備の大型化も進んでおり、騒音による生活環境への影響が懸念されていることから、騒音規制のあり方について見直しが必要となっています。

このたび、「風力発電設備に関する騒音規制のあり方について(骨子案)」について令和元年12月11日から令和元年12月24日まで県民の皆様からのご意見・ご提案の募集を行ったところ、6名の方から合計7件のご意見等をお寄せいただきました。提出いただきましたご意見等の概要とこれに対する県の考え方を次のとおり発表します。

この結果を踏まえ、「環境の保全と創造に関する条例に基づく工場等の規制基準」を改正しました。その概要をあわせて発表します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境管理局水大気課 大気班

電話:078-362-3287

FAX:078-362-3966

Eメール:mizutaiki@pref.hyogo.lg.jp