ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > 平成28年度 銃によるツキノワグマ狩猟禁止の制限的な解除について

ここから本文です。

更新日:2016年11月20日

平成28年度 銃によるツキノワグマ狩猟禁止の制限的な解除について

 兵庫県では、平成8年度より狩猟による捕獲を禁止していたツキノワグマについて、本年度、狩猟禁止を制限的に解除します。

 ツキノワグマの狩猟は、別記期間内に兵庫県知事に申請し、承認を受ける必要があります。

 なお、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律及び同法施行規則の規定により、ツキノワグマは「わな」の使用による捕獲が禁止されています。

 1.捕獲等の制限

 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第12条第2項及び第3項に基づき、次のとおり捕獲等を制限します。

 

区域

兵庫県本州部全域

承認期間

平成28年11月15日~12月14日

捕獲数制限

上記期間において原則※、1人あたり1頭

事前承認

狩猟開始前に兵庫県知事の事前承認が必要

(申請方法は3を参照)

承認者数

140人まで

その他

①安全講習会の受講

②捕獲個体の県指定搬入場所への持込等

 

 

※ 例外となるのは、狩猟時に複数のクマと遭遇し人命に危険が及び、緊急避難措置として捕獲する場合をいう。

※ 有害捕獲等と狩猟による捕獲頭数が140頭を超えた場合は、狩猟を中止することがあります。

 

2.申請方法及び承認者の決定

(1) ツキノワグマの狩猟希望者は、「平成28年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)承認申請書」を提出し、兵庫県知事の承認を受けてください。

<提出先> 兵庫県農政環境部環境創造局鳥獣対策課

(2) 狩猟希望者は、申請にあたり、次の書類を提出してください。

  ① 平成28年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)承認申請書(様式第1号)  

  ② 平成28年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)チーム構成員名簿(様式第2号)  

  ③ 銃猟実績申告書(様式第3号)

  ④ 狩猟者登録証の写しまたは狩猟者登録申請書の写し

  ⑤ 安全講習会の受講及び指定場所への捕獲個体搬入の誓約書(様式第4号)

  ⑥ その他、兵庫県知事が必要と認める書類 

(3) 受付期間は、平成28年10月11日(火曜日)から平成28年10月26日(水曜日)まで。郵送の場合は、最終日必着。

(4) 狩猟希望者数が承認者数を越えた場合は、抽選により、承認候補者を選定します。承認候補者の選定結果は、全ての申請者に対し、鳥獣対策課から通知します。

(5) 承認候補者は、狩猟の安全面からチームを編成してください。承認候補者以外のチーム構成員も、安全講習会を受講するよう努めてください。

(6) 安全講習会終了後、受講した承認候補者に会場にて承認証及びクマ狩猟承認記章を交付します。

3.安全講習会の受講(必須) 

(1) 安全講習会を受講しなかった承認候補者は失格となりますので、必ず受講してください。

(2) 安全講習会の日時及び実施場所は次のとおりです。

 

日時

実施場所

平成28年11月2日(水曜日)

13時30分~

兵庫県西館大会議室

平成28年11月3日(祝日)

13時30分~

兵庫県西館大会議室

 

 

(3) 安全講習会の受講日時は、(2)の両日から選べます。平成28年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)承認申請書(様式第1号)に記載してください。 

 4.承認候補者の選定と承認証の交付

(1) 選定手順は次のとおりとします。 

  ① 限度数と同数または限度数未満の場合は、要件を満たす全ての申請者を承認候補者とします。

  ② 限度数を超えた場合、抽選を行い、当選した者を承認候補者とします。              

(2) 承認候補者の選定結果は、全ての申請者に対し、鳥獣対策課から通知します。当選した承認候補者は、安全講習会を受講してください。

(3) 安全講習会終了後、会場にて承認証及びクマ狩猟承認記章を交付します。 

5.狩猟の実施 

狩猟の実施にあたっては、次の事項を遵守してください。

(1) 承認を受けた者は、安全講習会で受講した内容をチーム構成員に対して、周知徹底し、安全確保に努めること。

(2) 他の狩猟者や一般の入山者の有無を確認するなど安全狩猟に努め、関係法令を遵守するとともに、車輌の停車場所の選考など地域住民等に迷惑をかけないよう細心の注意を払うこと。

(3) 承認を受けた者は、狩猟者登録証及び承認証を携行するとともに、狩猟者記章及び別に配付するクマ狩猟承認記章を着用しなければなりません。また、オレンジ色など目立つ猟装にて狩猟を行い、発砲時には矢先確認の徹底を図ること。

(4) 承認を受けた者は、警察、県職員、市町職員及び鳥獣保護管理員等に承認証その他必要な書類の提示を求められたときは従うこと。また、その他狩猟に関して指導された場合もその指示に従うこと。

6.捕獲個体の確認

(1) ツキノワグマを捕獲した場合は、兵庫県森林動物研究センターに連絡のうえ、指定された場所に個体を搬入し、同センターが派遣する調査員へ個体情報等を報告すること。

(2) やむを得ない理由で搬入が困難な場合は、個体情報等を同センターへ4日以内に報告(様式第7号)すること。 

7.承認証及び承認記章の返納

(1) ツキノワグマを捕獲した場合は、承認証及びクマ狩猟承認記章は、捕獲個体搬入時に同センター職員又は調査員へ返納すること。

(2) ツキノワグマを捕獲しなかった場合は、有効期間満了後30日以内に、鳥獣対策課へ返納すること。 

8.罰則

(1) 承認なく捕獲した場合等は、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられます。 (法第84条第1項第4号)

(2) 捕獲後の報告をしない場合等は、30万円以下の罰金が課せられます。(法第86条第2号

9.様式

① 平成28年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)承認申請書(様式第1号)(PDF:122KB)

② 平成28年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)チーム構成員名簿(様式第2号)(PDF:121KB)

③ 銃猟実績申告書(様式第3号)(PDF:77KB)

④ 安全講習会の受講及び指定場所への捕獲個体搬入の誓約書(様式第4号)(PDF:72KB)

   

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課 鳥獣保護管理班

電話:078-362-3463

FAX:078-362-3069

Eメール:choujutaisaku@pref.hyogo.lg.jp