ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > 令和元年度銃によるツキノワグマ狩猟の実施について

ここから本文です。

更新日:2019年9月26日

令和元年度銃によるツキノワグマ狩猟の実施について

本県をはじめ、全国各地でツキノワグマの集落への出没件数の増加や人身被害も危惧されています。本県に生息するツキノワグマは、平成8年度から狩猟禁止、追い払い活動や学習放獣などの保護対策を進めた結果、推定生息数が、絶滅する恐れが当面ないレベル(800頭)まで回復し、直近の推定生息数が830頭であることから、ツキノワグマ管理計画に基づき、本年度も狩猟を制限的に実施します。

ツキノワグマの狩猟を希望される場合は、下記の承認条件を満たしたうえで、承認申請書を提出して下さい。

今回狩猟を行うことができるのは銃猟のみであり、箱わなやくくりわなにかかったクマに対する止めさしは禁止されています(鳥獣保護管理法第12条第1項)。箱わなやくくりわなにかかった場合は錯誤捕獲と判断し、捕獲者の責任により放獣となります。

1 捕獲等の制限

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律第12条第2項及び第3項に基づき、次のとおり狩猟による捕獲等を制限します。

区域

兵庫県本州部全域

承認期間

令和元年11月15日~12月14日

捕獲数制限

総捕獲頭数は、有害捕獲頭数とあわせた124頭を上限

事前承認

狩猟開始前に兵庫県知事の事前承認が必要

(申請方法は2以降を参照)

承認条件

次の承認条件を全て満たす者全員を承認する

  1. 兵庫県が実施するツキノワグマの狩猟に関する安全講習会を受講すること。
  2. 捕獲個体を兵庫県が指定する場所へ搬入し、狩猟個体のモニタリング、アンケートに協力すること
  3. 狩猟期前に射撃練習を実施すること。(実施は、令和元年9月1日~11月15日まで)※射撃練習証明書または領収書の写し等の提出が必要です。安全講習時までに提出ができない場合は即日発行致しません。後日確認後、7日以内に承認証等を発行します。
  4. 有害捕獲と狩猟による捕獲頭数が、総捕獲頭数の上限の124頭を超えた場合または超えると予想される場合の狩猟中止命令に従うこと。
  5. 兵庫県において、第一種狩猟者登録申請を行っていること
  6. 承認申告書の内容に記載漏れがなく、誓約書の提出をすること。

狩猟時に人命に危険がおよぶ場合に、緊急避難措置として捕獲する場合は例外とする。ただし、捕獲個体のモニタリングには協力すること。

2 申請にあたっての注意事項

今年度については有害捕獲数が例年より非常に多くなっており、猟期までに捕獲頭数上限124頭に達することが予想されます。ついては、申請いただいた後や承認後であっても、ツキノワグマの狩猟を実施しない可能性が極めて高いことをご了承ください。

なお、ツキノワグマの狩猟を実施しない場合に、狩猟によりツキノワグマを捕獲した場合は、鳥獣保護管理法違反となり、狩猟免許の取り消し処分となる場合がありますのでご注意ください。

  • (1)講習会の中止連絡について
    講習会までに狩猟が中止となる場合は、講習会開催の7日前(9月30日)までに講習会の中止を兵庫県ホームページに掲載しますので必ず各自でご確認ください。(申請者に講習会中止の連絡ができない、または連絡が届かない場合があるため通知は致しません。)
    また、ツキノワグマの狩猟に関する安全講習会を中止した場合であっても、ツキノワグマの生態等に関する講習会を開催しますので可能な場合、ご出席ください。(参加自由)※狩猟の承認は行いません。
  • (2)狩猟の中止連絡について
    講習会(10月7日)以降に狩猟が中止となる場合は、兵庫県ホームページに掲載しますので必ずご自身で確認してください。
    狩猟期間中の狩猟の中止についても兵庫県ホームページを必ずご自身で確認してください。
  • (3)その他
    誓約書に反する行為を行った場合は、次年度以降のツキノワグマの狩猟を受け付けない場合があります。
    また、平成30年度の承認証及び承認記章を返納されなかった方は、申請いただいても承認できませんのでご了承ください。

3 申請方法

  • (1)ツキノワグマの狩猟希望者は、「令和元年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)承認申請書」を提出し、兵庫県知事の承認を受けてください。
    提出先:兵庫県農政環境部環境創造局鳥獣対策課(以下「鳥獣対策課」という。)
  • (2)狩猟希望者は、申請にあたり、次の書類を提出してください。
    1. 令和元年度ツキノワグマ狩猟(銃猟)承認申請書(様式第1号)
    2. 安全講習会の受講及び指定場所への捕獲個体搬入等の誓約書(様式第2号)
    3. 狩猟期前(令和元年9月1日~11月15日)に行った射撃練習の証明書(射撃練習証明書または領収書の写し等)
      本年度より、射撃練習の証明書の提出後に承認証等を交付します。
      安全講習時までに提出頂けない場合は、安全講習時または狩猟期までに発行できない場合があります。申請時以降に提出される場合、後日郵送または持参いただき、受付後14日以内に承認証等を交付(送付)します。
  • (3)受付期間は、令和元年9月13日(金曜日)から令和元年9月27日(金曜日)まで。ただし、土曜日及び日曜日を除く。なお、郵送による場合は、受付期間中の消印のあるものに限り有効。

受付期間の変更

上記受付期間(令和元年9月13日~9月27日)を設定しておりましたが、期間を延長して受け付けることといたします。
ただし、上記期間を超えての申請の場合は、講習会受講後14日以内に承認証等を交付することとなりますので、ご了承ください。
なお、その場合は、承認証等を申請の住所に郵送します。

変更後の受付期間

郵送の場合、令和元年9月13日(金曜日)から令和元年10月2日(水曜日)までの消印のあるものに限ります。
令和元年9月27日以降の消印の申請書等は、講習会後14日以内に承認証等を交付(送付)します。

講習会当日に申請書等を持参し申請する場合

講習会当日に会場に申請書及び誓約書を持参した場合も、講習会を受講することが可能です。
講習会後14日以内に承認証等を交付(送付)します。

申請書、誓約書については各自控え(コピー)を必ず保管するようお願いします。

4 安全講習会及び承認

  • (1)安全講習会を受講しなかった申請者は承認されませんので、必ず受講してください。
  • (2)射撃練習証明書を提出し、安全講習会を受講した申請者は会場にて承認証(及びクマ狩猟承認記章)を交付します。
    ただし、安全講習時までに提出ができない場合は即日発行致しません。後日確認後、7日以内に承認証等を発行します。
  • (3)安全講習会の日時及び実施場所は次のとおりです。

日時

実施場所

令和元年10月7日(月曜日)

14時00分~

(受付13時30分~)

兵庫県和田山総合庁舎(朝来市)

  • (4)改めて安全講習会の開催通知は行いませんので、申請者は当日会場に集合して下さい。(定員超過により受講できない場合は、ご連絡しますので、連絡のない場合は会場にお越し下さい。)
  • (5)今年度については、猟期までに捕獲頭数上限に達することが予想されます。ついては、申請いただいた後であっても、ツキノワグマの狩猟を実施しない可能性もありますのでご了承ください。
    講習会までに中止となる場合は講習会開催の7日前(9月30日)までに講習会の中止を兵庫県ホームページに掲載しますのでご確認ください。申請者に講習会中止の連絡は致しません。
    また、ツキノワグマの狩猟に関する安全講習会を中止した場合であっても、ツキノワグマの生態等に関する講習会を開催しますので可能な場合、ご出席ください。(参加自由)※狩猟の承認は行いません。

5 狩猟の実施

狩猟の実施にあたっては、次の事項を遵守してください。

  • (1)承認を受けた者は、安全講習会で受講した内容をチーム構成員に対して、周知徹底し、安全確保に努めること。
  • (2)他の狩猟者や一般の入山者の有無を確認するなど安全狩猟に努め、関係法令を遵守するとともに、車輌の停車場所の選考など地域住民等に迷惑をかけないよう細心の注意を払うこと。
  • (3)承認を受けた者は、狩猟者登録証及び承認証を携行するとともに、狩猟者記章及び別に配付するクマ狩猟承認記章を着用しなければなりません。また、オレンジ色など目立つ猟装にて狩猟を行い、発砲時には矢先確認の徹底を図ること。
  • (4)承認を受けた者は、警察、県職員、市町職員及び鳥獣保護管理員等に承認証その他必要な書類の提示を求められたときは従うこと。また、その他狩猟に関して指導された場合もその指示に従うこと。
  • (5)講習会(10月7日)以降に狩猟が中止となる場合は、兵庫県ホームページに掲載しますのでご自身で確認してください。
    狩猟期間中の狩猟の中止についても兵庫県ホームページをご自身で確認してください。
  • (6)ツキノワグマの狩猟を実施しない場合に、狩猟によりツキノワグマを捕獲した場合は、鳥獣保護管理法違反となり、狩猟免許の取り消し処分となる場合がありますのでご注意ください。

6 捕獲個体の確認(モニタリングへの協力)

  • (1)ツキノワグマを捕獲した場合は、下記の兵庫県森林動物研究センターに連絡のうえ、指定された場所に個体を搬入し、同センターが派遣する調査員へ個体情報等を報告してください。
  • (2)やむを得ない理由で搬入が困難な場合は、個体情報等を同センターへ4日以内に報告してください。
  • (3)連絡先等

捕獲が判明次第すぐに下記へ連絡をお願いします。

窓口 兵庫県森林動物研究センター

0795-80-5500(平日の午前8時45分~午後5時45分)

080-2416-0757(土日祝、平日の上記以外の時間)

捕獲後のモニタリングへの協力の詳細な内容については当日講習会にてお知らせします。

7 承認証及び承認記章の返納等

令和2年1月15日までに次の全てを鳥獣対策課まで返納・提出してください。

期日までに下記の3点の返納提出がなかった場合は、来年度以降のツキノワグマの狩猟について承認できません。

  • (1)承認証
  • (2)クマ狩猟承認記章
  • (3)安全講習会で配布したアンケート

8 罰則

  • (1)承認なく捕獲した場合等は、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられます。
    (法第84条第1項第4号)
  • (2)捕獲後の報告をしない場合等は、30万円以下の罰金が課せられます。
    (法第86条第2号)

9 お問い合わせ先(受付場所〔提出先〕)

〒650-8567(兵庫県庁固有番号ですので住所の記載は不要です)

神戸市中央区下山手通5丁目10番1号

兵庫県農政環境部環境創造局鳥獣対策課鳥獣保護管理班

TEL:078-341-7711(内線3353)

朱書きで「ツキノワグマ狩猟承認申請書在中」と記載してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課 鳥獣保護管理班

電話:078-362-3463

FAX:078-362-3069

Eメール:choujutaisaku@pref.hyogo.lg.jp