ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > 認定鳥獣捕獲等事業者制度について

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

認定鳥獣捕獲等事業者制度について

1.認定鳥獣捕獲等事業者制度について

平成26年の「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」の改正により、主に公的な捕獲等の事業において安全を確保して効果的な捕獲等を行い円滑な業務を実施できる担い手を育成・確保するため、鳥獣の捕獲等に専門性を有し、安全を確保して適切かつ効果的に鳥獣の捕獲等を実施する事業者を都道府県知事が認定できることとする認定鳥獣捕獲等事業者制度が国において創設されました。兵庫県では、県内で認定を受けようとする事業者の認定鳥獣捕獲等事業者にかかる申請は、随時自然環境課で受付をいたします。認定鳥獣捕獲等事業者として認定した場合は公示等により周知を図ることとします。

2.留意事項

認定鳥獣捕獲等事業者制度の認定を受けた場合であっても、兵庫県がこの制度を活用して、指定管理鳥獣捕獲等事業等の公的な捕獲事業を必ず実施するものではありません。本事業の実施にあたっては、状況等を勘案して決定することとなります。

3.関係書類等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課
電話:078-362-3463
FAX:078-362-3069
Eメール:shizenkankyo@pref.hyogo.lg.jp